Facebook広告でCV数が2.5倍に!トラフィック配信の成功事例を大公開

Facebookには様々なキャンペーン目的があり、配信する目的によって選択することができます。
今回はその中でもトラフィック目的で成功した事例を紹介します。

認知を広げながら獲得もしたいと考えている場合はトラフィック配信の活用がおすすめです!

そもそもトラフィック配信とは?

Facebook広告は配信する目的別に様々なキャンペーンがあり、13個のキャンペーンから選択することができます。
今回は、その中のトラフィック配信について説明していきます。

トラフィック配信とは、簡単に説明すると「クリック」を集めることに適したキャンペーンのことをいいます。

クリックを集めることが目的のため、多くのユーザーをサイトにアクセスさせることができブランディング効果が期待できます。
ただ、一方で「クリックしやすいユーザー」に向けての配信になるため、コンバージョンの見込みが薄いユーザーにも配信されてしまいCVRが低いというのが課題としてあります。

トラフィック配信のメリット

・多くのクリックを集めることができるためブランディング効果が高い
・CPCを抑えて配信できるので、リマケ配信でもCPCを抑えることができる

トラフィック配信のデメリット

・「クリックしやすいユーザー」と「CVしやすいユーザー」は異なるため、CVには直結しにくい

キャンペーンの種類について詳しく知りたい方はこちら↓

キャンペーン目的の種類Facebook広告のキャンペーン目的には大きく分けて以下3カテゴリに分けられます。①認知②検討③コンバージョン その中から細分化し、トータルで13...

CV数2.5倍!CPAが半分になった成功事例を公開!

上記で述べた通り、トラフィック配信はCVが取りにくいというのがデメリットにあるのですが、トラフィック配信でもCVを2.5倍まで伸ばした事例があるので紹介します。

配信設定は下記です。
・トラフィック目的
・コンバージョン目的(リマケのみ)

トラフィック目的、コンバージョン目的の2軸で配信を行い、トラフィック目的で配信している広告の最適化を行った結果、2ヶ月でCV数2.5倍、CPA半分以下まで改善ができています。

つまりトラフィック配信でも使い方によっては、認知の拡大だけでなく今すぐ客の獲得も同時に行うことができるのです。

認知拡大から獲得までできる配信手法とは?

では実際に何を行ったのか説明します。やったことは非常にシンプルです。

トラフィック目的配信には「クリック」という行動をさせるための広告、コンバージョン目的配信には「予約」という行動をさせるための広告を用意しただけなんです。

まずは、コンバージョン目的配信で獲得できた広告を分析します。

・どういった層から獲得ができているのか
・ターゲット層はどんな悩みを持っているのか

上記を分析した上で、この分析結果をトラフィック配信にも転用していきます。

ただ注意点が1つ。
コンバージョン目的は顕在層のユーザートラフィック目的は見込み層のユーザーだということです。

そのためコンバージョン目的で使っている広告文や画像をトラフィック配信に転用してもユーザーはあまり反応しません。
顕在層までいっていない一歩手前の見込み客はどんな情報が気になるのか、どういう言葉に反応するのかリサーチを行い、クリックを促す広告を用意します。

つまり、コンバージョン目的は、「いかに行動まで持っていくことができるか」、トラフィック目的は「いかに興味付けを行うことができるか」いった視点で広告を作成することが重要です。

トラフィック配信で押さえておきたいポイント!

トラフィック配信を行う際は、以下の3つのポイントを意識してみてください。

①獲得のできている見込み客から顕在層を逆算して考えること
②顕在層が思わず反応してしまうポイントはどこか考えること
③リマケでの獲得を前提に広告文を作成すること

まず大前提として、自分の考えているターゲット層が本当に合っているかを分析することが重要です。
ターゲットがズレていれば、どんなにクリックを集めてもCVには繋がりません。トラフィック配信はあくまでも見込み客を集めることが目的です。

また、ターゲット層のズレがないか確認した後は、トラフィックでクリックを集め、コンバージョン目的で刈り取るといった流れをイメージすることです。

例えば、トラフィック配信ではシミについて訴求しているのに、コンバージョン目的でほうれい線を訴求していたら、それはCVに繋がりませんよね。

トラフィックで集めたユーザーに対して最後のアプローチをかけるのがコンバージョン目的の役割。
ここの流れを理解しているかしていないかで成果は大きく変わってきます。

まとめ

紹介した成功事例から分かるように、Facebook広告だけでもキャンペーンを使い分けることで認知拡大と獲得が同時にできてしまうんです。
1つの媒体で認知拡大から獲得までできれば、複数の媒体を管理する手間も省けます。

ぜひポイントを参考にして実践してみてください!

事例をもっと知りたい方はこちら↓

Instagram広告の成功事例 10選まずはInstagramの公式サイト「Instagram Business」より、成功事例を紹介します。実際に使えそうな効果的な手法も掲載しているので参考...

CPA¥500以下、驚きの事例リスティングプラスでは、Facebook広告を用いた様々なクリエイティブテストを実施しています。不思議なもので、似たような画像でも色味や男性か...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)