Facebook広告でおすすめの文字数と狙い通りに表示するための注意点を徹底解説

この記事では、
「Facebook広告の文字数って制限はあるの?何文字まで?」
「入力したはずの広告文が表示されない…どうして…?」
「どこに何の情報を入力すればいいの?」
とお困りの方に、Facebook広告の文字の表示場所、推奨文字数、文字記載時の注意点などを解説しています。広告を作成するときの参考にしてください。

Facebook広告の文字について

Facebook広告で文字を入れる場所は、3種類あります。

・メインテキスト 
・見出し 
・説明文

Facebook広告は基本はこれら3要素で構成されます。ただFacebook広告は目的に合わせてさまざまメニューが用意されており、表示形式も多様です。

デバイスや配置によって情報が柔軟に組み合わされるため、見出しや説明を記載しても表示されない場合もあります。

まずは一番汎用性が高い下記の文字数を押さえておくと、さまざまな広告の目的や配置をカバーすることができます。

・メインテキスト 125文字以内 ※必須
 半角125文字を超える文字は認められますが、表示が途中で切れる可能性があります。
・見出し 25文字以内 ※任意
 半角25文字を超える文字は認められますが、表示が途中で切れる可能性があります。
・リンクの説明 30文字以内 ※任意
 リンクの説明は一部の配置のみ表示され、表示位置は異なります。モバイルニュースフィードでは、広告を見た人に響く可能性が高い場合のみ、広告に表示されます。半角30文字を超える文字は認められますが、表示が途中で切れる可能性があります。

これらはあくまで「推奨」なので文字数を超えても何かペナルティーがあるわけではありません。

また、特にスマートフォンでの見え方も考えて、見やすさ・わかりやすさを考慮し、プレビューで確認しながら見切れない文字数に調整するのがおすすめです。

【補足】Facebookフィード以外のFacebook広告の文字数について

汎用性の高いFacebook広告フィード以外にも、推奨文字数があります。

Facebook広告 フィード(メイン)

・メインテキスト 125文字以内
・見出し     25文字以内
・リンクの説明  35文字以内

上記を超える文字数も認められますが、表示が途中で切れる可能性があります。

Facebook広告 カルーセル

・メインテキスト 125文字以内
・見出し     25文字以内
・リンクの説明  20文字以内

上記を超える文字数も認められますが、表示が途中で切れる可能性があります。
カルーセルでは複数の画像を設定でき、各画像に対して見出しと説明文を記載できます。

Facebook広告 動画

・メインテキスト 125文字以内
・見出し     25文字以内
・リンクの説明  30文字以内

上記を超える文字数も認められますが、表示が途中で切れる可能性があります。

Facebook広告 コレクション

・メインテキスト 90文字以内
・見出し  25文字以内

上記を超える文字数も認められますが、表示が途中で切れる可能性があります。

スライドショー

・メインテキスト 125文字以内

上記を超える文字数も認められますが、表示が途中で切れる可能性があります。

ストーリーズ

・メインテキスト 190文字以内(※フィード広告と同様の広告を使用した場合のみ)

上記を超える文字数も認められますが、表示が途中で切れる可能性があります。

参考:配置にFacebookフィードを、広告の目的にリーチを使用した場合の、Facebook写真広告の仕様 | Facebook広告ガイド

Instagram広告の文字数について

Instagram広告の場合の文字数はどうでしょうか。基本的にFacebook広告入稿時にInstagram広告も同時配信が可能なので、Instagram広告での文字数もご紹介します。

Instagram広告 フィード

・テキスト 2,200文字以内(2行のテキストが表示されます。)

Instagram広告 ストーリーズ

・テキスト 190文字以内
※フィード広告と同様の広告を使用した場合のみ

カルーセル

・テキスト 2,200文字
・見出し 1行のテキストが表示されます。

基本的にInstagramはメインテキストしか表示されません。ただ、カルーセル設定の場合は、見出しが各クリエイティブごとに表示されるようになります。

詳細は下記をご確認ください。
参考:配置にInstagramフィードを、広告の目的にトラフィックを使用した場合の、Facebookカルーセル広告の仕様 | Facebook広告ガイド

バナー内の文字数について

バナー内に文字を記載するときは、文字量を画像面積の20%以内にするというFacebook広告の規定があります。

文字数を20%以上記載すると、配信に制限がかかってしまい効率的に配信できないため注意が必要です。ちなみに、企業ロゴの文字や、商品に記載されている文字も含まれるので注意してください。

また静止画だけでなく、動画やスライドショーなどのサムネイル画像でも文字面積が20%以上になると広告品質が低いと見なされ配信制限がかかります。

ただストーリーズ広告だけは文字面積に制限がないため、配信したい配置や、よく配信されている配置に合わせて文字数を調整してみてもよいでしょう。
     
文字量が20%を超えていないか確認するツールは下記をご参考ください。
テキストオーバーレイツール

20%制限のルールについて詳しく知りたい方にはこちらの記事に詳細情報があります↓

その他の注意点

Facebook広告を作成する時、適切な文字数や表現にするための注意点がいくつかあるのでご紹介します。

・スマートフォンでプレビューを確認する
パソコンのよりもスマートフォンに表示される文字数が少なくなるため、必ずスマートフォンでプレビューを確認しながら、見切れていないか確認しましょう。

直接スマートフォン端末で確認する方法もありますが、「モバイル機器でプレビュー」機能を使って確認することも可能です。

・大切なこと、一番伝えたいことは一番はじめに書く
デバイスや配置によって、意図せず広告の文字が途切れてしまう可能性があるので、あなたが一番伝えたいことや、サービスや商材の強み、大切なことは一番はじめに書くようにしましょう。

・絵文字はポリシー違反になるので使わない
2020年6月時点の情報ですが、広告文に絵文字を使用すると審査に落ちる可能性があります。そのため、絵文字を使わないことをおすすめします。

・ターゲットの個人的な特徴を断定するとポリシー違反になるので注意
「あなた」「○○な方」といった特定した人物を指す表現は審査に接触してしまうので注意が必要です。

ただ、商品やサービスを説明することは問題ないため、個人的な特徴を表現するのではなく商品やサービスにフォーカスした表現にしましょう。

・「絶対~できる」などという言い切り表現もポリシー違反なので注意
「絶対」「~するだけ」「たった○○だけ」といった限定的な表現は審査に接触するので注意してください。

もっと詳しくFacebook広告の審査落ちについて知りたい方にはこちらの記事がおすすめです↓

まとめ

今回、Facebook広告の文字数について紹介しました。

Facebook広告の画像サイズの規定について知りたい方にはこちらの記事がおすすめです↓

基本的なFacebook広告のルールを理解することは必要ですが、広告の文字数制限にとらわれすぎて、伝えたいことが伝えられない、ユーザーが求めている内容を伝えられないとなっては本末転倒です。

推奨文字数はありますが、ユーザーが求めていることは何か、何を伝えていきたいかを明確にして広告を作りましょう。

また以前、長文の広告文でFacebook広告配信してみたところ、パフォーマンスが改善されたことが何度もあります。
文字数は参考程度に、テキストの中身を工夫してテストしてみてくださいね。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

リスティングプラスが過去に出版した「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする(全161ページ)