TikTok広告の出し方を徹底解説|始め方から成果を最大化するポイントを紹介

  • 2023.11.13
  • 2024.6.13
  • 1,675 Views

近年、TikTokを利用しているユーザーが増加するにしたがって広告を配信してみたいと考える企業が多くなっています。

インターネット広告媒体の中でもTikTokやYouTubeなどの動画広告市場は急速に拡大しています。

2022年国内動画広告の市場調査によると、2022年の動画広告市場は5,601億円、前年対比133.2%と成長。2023年には7,209億円、2026年には1兆2,451億円に達すると予測されています。
引用:サイバーエージェント、2022年国内動画広告の市場調査を実施

ショート動画市場の中で「TikTok」の存在感は大きく
・日本国内のアクティビティユーザー数はFacebookに次いで1700万人
・世界規模で見ると10億人を超えるユーザー数
と、TikTokは着々と勢いが拡大しているSNSでありそこに広告を配信することで多くのユーザーからのアクションが期待できます。

また、DIGIDAYによると2023年のTikTok利用層の平均年齢は36歳であり、コンテンツの多様化が進み、若い世代だけでなく幅広い世代で利用されています。

本記事では急成長を遂げているTikTokで配信できる広告について、「TikTok広告の出し方」を中心にアカウント開設から、成果を最大化するための配信手法まで分かりやすく解説します。

この記事の文末のフォームに記入していただくことで、TikTok広告で成果の出るクリエイティブ攻略動画とリサーチシートをプレゼント中です。

TikTokの媒体特性を理解しておこう

TikTok(ティックトック)とは、モバイル向けのショートムービーのプラットフォームでミッションとして「創造性を刺激し、喜びをもたらすこと」を掲げています。そのTikTok上に広告を出すことにはどんなメリットがあり、リスクとなりうるデメリットには何が該当するのかを紹介していきます。

TikTok広告のメリット2つ

TikTok広告には多くのメリットがあります。ここでは代表的な2つを紹介します。

『広告がユーザーに受け入れられやすい』

Kanter社による「広告好意度ランキング」ではTikTokが1位を獲得し、ユーザーからの高い広告への受容性が記録されています。
TikTokads~Rankingまた、TikTok広告が好意的だとユーザーに感じてもらえるのはTikTok独自のプラットフォームの「おすすめ」フィードが大きく影響しています。

■「おすすめ」に基づく視聴体験
各ユーザーの興味の有無を調整し、組み合わせた要素をもとに動画を表示します。また、新しい体験機会を増やすために意図的にユーザーが指名した興味範囲外の動画も表示しています。

■新時代の「ザッピング」で興味が広がる、深まる
好きなテレビ番組が見つかるまでチャンネルを変え続ける「ザッピング」がTikTok上で行われています。それにより新しい出会いに繋がったり興味が深まったりしています。

■おすすめフィードでは、「広告」も表示コンテンツの1つ
TikTokでは広告が一般の投稿と同じ形で配信されるため「広告が来る、、」と身構えること無く自然な気持ちで広告と出会います。
TikTok ads_how to meet「おすすめ」に動画が表示される仕組みの詳細はこちらから

『TikTokが「情報収集の場」になってきている』

前述の通り、TikTokのユーザーが若い世代だけでなく幅広い層へと拡大している中、TikTokでは「教育」「商品開封(レビュー)系」「meme(ミーム)」「スポーツ」「IT・科学」「フィットネス」「時事・経済・ニュース」のコンテンツ順に人気が拡大しています。
※「meme(ミーム)」とは…ユーザーが真似やアレンジを重ねて、楽しみながら広がっていくコンテンツのこと

TikTok ads_content genre引用:TikTok For Business

上記の結果からTikTokユーザーには以下のニーズが存在すると考えられます。
①、知識につながる情報やニュースをダイジェストで見たい
②、生活に役立つヒントを得たい
③、商品やサービス購入をする際の参考にしたい

ユーザーにとってのTikTokとは、エンタメを楽しむだけのアプリに留まらず、情報収集をするためのプラットホームとしての立ち位置を確立しつつあるのです。

実際の「教育」「商品開封系」のTikTok投稿例はこちらから

TikTok広告のデメリット2つ

TikTok広告のデメリットとして、次のような点が挙げられます。

①動画クリエイティブの作成にコストがかかる

TikTok広告は、動画でのクリエイティブが中心です。バナー作成に比べて動画広告の作成はコストがかかります。またクリエイティブは作って終わりではなく、成果が出せるように改善をしたり、ユーザーに飽きられないように新たなクリエイティブを作成する必要があります。

TikTokは認知拡大に大きな効果をもたらしますが、商品の購入まで完結させようとする場合、商品力やオファーの仕方もクリエイティブと合わせて磨いていかなければ成果に繋がらない可能性もあります。

②『一部の予約型広告では広告出稿後の不具合に対しての対応が出来ない』

もし、広告に不具合があったとしても一部の予約型広告では出稿後の対応はできません。また、出稿後に広告を取り下げたとしても期間契約型の広告形態では、満額の広告費用を請求されてしまいます。さらに、決まった出稿期限に間に合わなかった場合でもキャンセルすることはできません。スケジュールに余裕を持って制作管理を行う必要があります。

TikTok広告の種類は大きく分けると2つ

TikTok広告は大きく分けて「運用型(オークション)予約型(リザベーション)の2種類があります。

〈1〉運用型(オークション)広告について

運用型広告は少額からでも始めやすく広告の掲載期間、金額、ターゲットなどを自由に設定できます。また、運用型は「TikTok」だけでなく「BuzzVideo」「Pangle」の3種類の媒体を選択し、配信を行うことができます。
※Buzz Vudeoは過去に配信出来ましたが2022年12月末にサービスが終了したため配信は「TikTok」と「Pangle」のみ可能です。
2logo

TikTok

フィード内にユーザーの投稿と同様の形式で配信できます。9:16のサイズの縦型動画の使用が推奨されています。
TikTok ads_format引用:
TikTok For Business

BuzzVideo

TikTok利用ユーザーよりも少し上の年齢層の方に配信したい場合におすすめの媒体です。TikTokと同じくByteDance社が運営するサービスで、トレンド動画やライブ配信動画が観られる動画視聴アプリとなっています。
※【注意】
2022年12月31日をもってBuzzVideoはサービス終了してしまったので、2023年現在もちろん広告も配信することができなくなっています。
公式のX(旧Twitter)も停止しています。

Pangle

TikTok、BuzzVideoだけでなくもっと幅広く新しいユーザーにアプローチしたい場合におすすめの配信媒体です。TikTokのアドネットワークにより、国内の多様なジャンルのアプリに広告配信することが可能なモバイル広告プラットフォームです。
Pangle format引用:Pangle活用ガイド

運用型広告の課金方式と目安費用について

課金方式と費用については下記のとおりです。

広告種類課金方式目安費用
運用型広告・クリック課金型
・インプレッション課金型
・再生課金型
・100~1,000円/1,000回表示
・30~100円/クリック
・5~60円/再生

引用:TikTok for Business 媒体資料

日予算の目安などTikTok広告でかかる費用をさらに詳しく知りたい方は下記記事をご確認ください。

〈2〉予約型(リザベーション)広告について

TikTokの予約型広告とは期間単位で広告枠を購入し配信する手法です。予約型は新商品発売のような大規模なプロモーションに適し、認知拡大やエンゲージメントの増加に効果的です。本記事では、予約型広告の代表的な4種類の広告形態を紹介します。

①アプリ起動時の広告(TopView)

TikTokアプリ起動直後に音声付きのフルスクリーン動画が再生され、シームレスに広告動画へと移行していく最もインパクトのある広告枠です。アプリを起動したユーザーに必ず動画を見せることができるのでリーチ獲得に最適な広告です。

引用:TikTok ビジネスヘルプセンター

②インフィード広告(Reach&Frequency)

TikTok広告マネージャーを通じて「インプレッション/リーチ/フリークエンシー」を事前に予約して買い付けることが可能なインフィード広告です。一般ユーザーの投稿に紛れる形で配信できるため広告色が薄くなり、抵抗を感じるユーザーが少ないという特徴があります。

③ハッシュタグチャレンジ(#Challenge)

TikTok内で最大露出が取れるオリジナル広告メニューの一つです。あるテーマに合わせてユーザー自身が挑戦している様子を撮影してオンラインでシェアし、他のユーザーにもテーマへの参加を促すものです。企業のタイアップでハッシュタグを作成しユーザーにチャレンジ動画の投稿を促すため、TikTok内に多数のUGCが生成されることが期待されます。

「『#そろいもそろってメイク落ちない』の例をご紹介」
hashtag challenge①
hashtag challenge②引用:TikTok For Business

④ブランドエフェクト(Brand Effect)

2D、3D、ARなどからブランド独自のエフェクトを作成し、ユーザーのブランド体験行動を喚起することのできるメニューです。ブランドの機能や雰囲気を体感的に提供でき、ユーザーへブランドリフト効果を生み出すことが出来ます。「試着」「フェイクマスク」「カメラエフェクト」など様々な種類のフィルターが存在します。
brand effect format引用:TikTok For Business

予約型広告の課金方式と目安費用について

課金方式と費用については下記のとおりです。

広告種類課金方式目安費用
アプリ起動時の広告インプレッション課金型500万円程度~
インフィード広告期間成約型42万円~
ハッシュタグチャレンジ期間成約型1,000万円程度~
ブランドエフェクト・スタンダートエフェクト
・アドバンスドエフェクト
600万円程度~
1,000万円程度~

TikTok広告の出し方

この章では「運用型広告」の配信方法について紹介します。

※「予約型広告」を出稿したい場合、管理画面で対応することが出来ません。直接、TikTok for Businessへお問い合わせする必要がありますのでご注意ください。

アカウント開設方法(ビジネスマネージャーへの登録)

TikTok for Businessまずは「TikTok For Business」の公式サイトへとアクセスし、「今すぐ広告アカウントを作成」をクリックします。


登録画面から下記の情報を順次入力していきます。

・メールアドレス
・電話番号
・パスワード
・国または地域
・業種
・法人名(企業名)(個人の方は個人名)
・タイムゾーン
・通貨

必要項目を入力すれば、TikTok広告アカウントの開設は完了です。

TikTok広告の初期設定

初期設定の4つのステップを紹介します。

①支払い情報の登録

管理画面にログイン後、管理画面上部から「ツール」→「設定」→「支払い」の順に進めます。支払い方法は「クレジットカードorデビットカード」による前払い決済のみとなっています。使い切りたい金額を入金するのがおすすめです。

②TikTok Pixelの設置

オーディエンス・コンバージョン作成に必要なピクセルを設置します。管理画面上部から「ツール」→「管理」→「イベント」の順に進めます。
TikTok Pixel
該当するイベントを選択し設定していきます。

③イベント設定

TikTok ads_event listこちらでは自社のビジネスと近いフォーマットのものを選択します。選ぶのが難しい場合は「カスタムイベント」での設定がおすすめです。
TikTok広告において、CV測定もオーディエンス作成も「イベント」が起点となるため非常に重要な工程です!必ず設定しましょう!

④オーディエンス設定

管理画面上部から「ツール」→「オーディエンス」の順に進み、「カスタムオーディエンスを作成」を選択します。
※「類似オーディエンス」はオーディエンスリストのデータが溜まってからの作成がおすすめです。

下記の中から目的に沿ったものを選択し作成します。
TikTok ads_custom audience

以上の①~④の設定を終えれば初期設定完了です。

キャンペーン設定方法(配信手順)

広告配信までは「アカウント開設」、「初期設定」が終われば残りは「キャンペーン設定」のみです。3つのstepを紹介します。

①キャンペーン

管理画面上部の「広告」から新規キャンペーンの目的を選択します。「簡易モード」か「カスタムモード」が選択できます。今回は広告内容を細かく設定できる「カスタムモード」での配信方法を紹介します。下記の中から配信目的にあったものを選択し、広告セットへと進みます。
TikTok ads_ Campaign list今回は「ウェブサイトのコンバージョン数」を選択します。

②広告セット

広告セットでは「設定」「最適化を行うロケーション」「プレースメント」「オーディエンスターゲティング」「予算とスケジュール」「入札と最適化」を設定します。

・プレースメントは「自動」か「手動」を選択できます。TikTok ads_placement

・オーディエンスターゲティングで設定できる年齢は下記グループに分かれています。
TikTok ads_ Audience targeting age

・予算は「日予算」か「通算予算」を選択し、最適化の目標を「コンバージョン」か「クリック」を選択します。
TikTok ads_Optimization goal

入札タイプを「目標成果単価上限」か「最大配信」より選択すれば「広告セット」は完了です。最後の「広告」の設定へ進みます。

③広告

広告フォーマットを下記の3種類より選択します。
TikTok ads format

今回は「動画」を選択した場合の紹介を行います。下記3種類の中から該当するアップロード方法を選択します。
TikTok ads_Video production

・「アップロード」・・・オリジナルの動画が既にある場合
・「ライブラリから」・・・一度アップロード済みの動画を再利用する場合
・「クリエイティブツールで作成」・・・管理画面から新しく動画を作成する場合

動画を管理画面へ反映させた後は「テキスト」と「誘導アクション」を設定し、審査が終了すると設定が完了し、ついに広告の配信を行うことができます!
広告配信方法について詳しく知りたい方はこちらから

TikTok広告の入稿規定

TikTok広告も他の媒体と同様に、広告のフォーマットやサイズの規定があります。初めてTikTok広告を出稿する方は、入稿規定についても一緒に押さえておきましょう。

TikTok広告は静止画広告もありますが、運用型広告の中心は動画クリエイティブになりますので、動画広告の規定について解説します。

TikTok広告のサイズや動画の長さについて

TikTok動画広告では、動画のアスペクト比は9:16・1:1・16:9の3サイズあり、ファイルのサイズは500MB以内、動画の長さは5~60秒までですが媒体は、9〜15秒の短い動画を推奨しています。

ユーザーの反応に合わせて、15秒以内の短いクリエイティブから複数パターンの動画クリエイティブを作成して検証してみることをおすすめします。

注意点として、利用するプレースメントによりアスペクト比の要件が異なる場合があります。その場合は動画を一から作り直す前に「動画素材のサイズ自動調整機能」をぜひ利用してみてください。

TikTok動画広告Pangle動画広告
プレースメントTikTokインフィード広告・インタースティシャル広告
・動画リワード広告
・ネイティブ広告
・バナー広告
・アプリ起動広告
広告の構成動画クリエイティブ + 広告表示画像 + ブランド名 / アプリ名(ロゴ) + 広告説明文 + CTAボタン + 音声(必須)画像クリエイティブ(またはサムネイル画像) + ブランド名/アプリ名(ロゴ) + 広告説明文 + CTAボタン
アスペクト比9:16・1:1・16:99:16・1:1・16:9
動画解像度解像度:540×960px・640×640px・960×540px以上必須。制限なし。推奨解像度:720×1280px・640×640px・1280×720px以上。
ファイル形式.mp4・.mov・.mpeg・.3gp・.avi.mp4・.mov・.mpeg・.avi
動画の長さ動画の長さは5~60秒。9〜15秒の短い動画が推奨。動画の長さは5~60秒。
ファイルサイズ500MB以内500MB以内
プロフィール画像​アスペクト比:1:1
ファイル形式:.jpg・.jpeg・.png
ファイルサイズ:50KB未満
​アスペクト比:1:1
ファイル形式:.jpg・.jpeg・.png
ファイルサイズ:50KB未満

引用:TikTokビジネスヘルプセンター

TikTok広告の初期運用のポイント

ここまでTikTokの特徴や種類、広告の出し方について解説してきました。次は実際に広告運用を開始する際に意識したほうが良いポイントを成果を出すために最低限必要な項目に絞って紹介していきます。

TikTok広告はクリエイティブの質が超重要

前提として、TikTokを利用するユーザーで広告を見に来ている人はいません。その為、広告のクリエイティブも一般のユーザーが投稿している動画に雰囲気を合わせる(UGCコンテンツ)必要があります。

また最初の数秒でユーザーの興味を惹き付けることが出来なければ、直ぐにスワイプされてしまい成果を出すことは難しくなります。

▼ポイント:全体尺は40秒以内で最初の6秒までの視聴率を意識したクリエイティブを作成しよう

▼ポイント:クリエイティブの品質は下記の5つを意識しよう

①1つの広告セットに2つ以上のクリエイティブを入れる
②動画の解像度を高くする
③音声を入れると多くの注目を集められる
④動画は短く魅力的に(30秒前後を推奨)
⑤フルスクリーンで表示されるように

広告セットの設定で押さえるポイント

広告セットの設定で気を付けるポイントは下記の3つです。順番に確認していきましょう。

①ターゲティングは広め
②入札戦略は最小コスト
③日予算は予算の範囲内でなるべく高め

ターゲティングを広めを推奨する理由

ターゲティングを広めに設定すべき理由は、ターゲットを絞りすぎると配信可能なユーザーが減少し、配信量を出すために入札単価が高くなったり、CVユーザーが少ないため最適化がかかりにくくなり配信量がシュリンクする可能性が高くなるためです。

入札戦略は最小コストを推奨する理由

入札戦略は最小コストを推奨する理由は、最小コスト入札の方が予算内でCVを効率よく獲得するためCPAを維持したまま配信量の拡大につながりやすいためです。

注意点として、初動はCPAが高騰しやすいこと、学習期間にCVが少ないと配信量の著しい減少となる場合もあること、設定予算を変更する場合は30%以内の調整を推奨します。

日予算は予算の範囲内で高めを推奨する理由

日予算を高めで設定することを推奨する理由は、最小コストでの入札は入札額の設定がないため、日予算設定が運用の重要レバーとなります。

配信開始時の広告セットの日予算の目安は目標CPAの20~50を目安とすることをおすすめします。ただ広告予算には限りがあるため、実際は1万5千円~3万円のスタートのケースが多くなっています。

引用:媒体向けTikTok勉強会資料

まとめ

この記事では、TikTok広告の特徴、種類、配信方法、入稿規定、運用初期に気を付けることについて紹介いたしました。動画広告市場の先頭を立つ媒体として、TikTokはこれからもユーザー数の拡大が見込めるSNSの一つであることは間違ありません。実際にTikTok広告を配信する際はぜひ本記事を参考にしてみてください!

TikTok広告はユーザーが増加しており、動画広告の市場も今後伸びていくことが予想される

TikTok広告は大きく分けて運用型と予約型の2種類にわけることができる

TikTok広告は「アカウント開設」→「初期設定」→「キャンペーン設定」の3ステップを踏むことで配信ができるようになる

TikTok広告はクリエイティブが最も重要、5つのポイントを抑えよう

TikTok広告の広告セット運用はターゲティング広め、入札戦略は最小コストでの運用を推奨

ぜひこの記事を参考に、TikTok広告に挑戦してみてください。

 

▼TiKTok広告で成果の出るクリエイティブ攻略動画とリサーチシートのプレゼントはこちらのフォームから

コメント

無料資料ダウンロード

 

勝てるメッセージとシナリオで成果を出し続ける
「YouTube広告運用マスターガイド」

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

SEOチーム所属河合晃典
デジタルアスリート株式会社

異業種から中途でデジタルアスリート株式会社に入社 デジタル広告の運用、大手広告代理店で広告運用を経て自社メディアのライター・運用に携わる 保有資格:Google広告認定資格、YMAA・KTAA認定資格

記事一覧を見る