売れるキャッチコピーには8つのテクニックがあった!②

前回はキャッチコピーを作る時にまず行うべき、ターゲットの悩み・欲求と、商品に出来ることのすり合わせ作業についてお話しました。 ターゲットに伝えるべきするポイントを明確にしたところで、今回は具体的に、キャッチコピーにはどんな要素を入れるべきかについて解説します。 実は反応の取れるキャッチコピーは、どれも似た要素で出来ています。 その要素を理解し使いこなせれば、誰でも反応の出やすいキャッチコピーを作れるのです。

前回の記事はコチラ↓

成功の鍵を握るのは、キャッチコピーキャッチコピーは、いわばそのページの顔。ユーザーは非常に忙しくせっかちになっているので、開いたページを見るかどうか「約3秒以...

売れるキャッチコピーに入れるべき8つの要素とは?

今回は売れるキャッチコピーに入れるべき8つの要素をご紹介していきます。

商品やターゲットによりますが、これらの要素はご紹介する順に、
「より効果的」で「より重要」と考えられています。内容だけでなく、重要度も含めて覚えるようにしてくださいね。

その商品によって得られる結果(ベネフィット)

その商品やサービスを使うことによって得られる結果は、基本的には必ずキャッチコピーに入れるべきです。
人は商品やサービスを買う時、そのものではなく、商品・サービスを使うことで得られる未来にお金を払っているからです。この未来のことを「ベネフィット」とも呼びます。

前回見つけた、円の重なる部分です。一例としては、「やせる」「儲かる」「モテる」などです。

得られる未来を提示することで、悩みを解決した後の自分をイメージさせることが出来ます。
キャッチコピーによって「そうなりたいな」「そうなったら嬉しいだろうな」と感情を動かされれば、ユーザーも興味を持ってページを読み進めてくれます。

期間・時間(早く結果が出る)

悩みの解決や欲求の充足には、時間がかからないほうが嬉しいですよね。
結果を得るためにかかる期間・時間は、一般的には短いほうが効果的です。例えば、「たった1日で〇〇ができる」「毎日◯分使うだけでシワがなくなる!」といったものです。

特に、解決に時間がかかると思われている問題や悩みの場合、短い期間で達成できるというのは大きなアピールになります。
言語の習得には時間がかかるというのが一般的な認識ですが、それが「たった3ヶ月でネイティブ並に話せるようになる!」ということで興味を引くことができます。

ただ限度を超えた表現はかえって信頼感を損ねますので、極端な例を用いて言い過ぎないようにすることも大事です。

やり方・使い方(簡単・お手軽)

同じ結果が得られるなら、やり方が簡単で負担が少ない方が嬉しいですよね。
というわけで、商品やサービスの使い方がどれだけ簡単でお手軽かを伝える要素です。

・気になる部分に1日1回塗るだけ
・通勤時間に聞き流すだけ
・食事を1回置き換えるだけ

こちらも一般的に、時間がかかる・手間がかかると思われている商品・サービスで特に効果的です。

価格(無料、半額、返金保証)

商品やサービスを購入する際、ターゲットには金銭的なリスクが発生します。「お金を払ったのに効果がなかったらどうしよう」「損をしたくない」という気持ちになり、商品の購入を止めてしまう可能性があります。

そこで、「半額」「効果がなかったら返品できる」というように、ターゲットの負うリスクを軽減してあげることで、より購入に結びつきやすくなります。
商品自体には興味があるけど、価格が気になっているユーザーに対しては、背中を押して商品購入に結びつけることができる要素です。

実績(自分、顧客)

Web広告を使って、ランディングページで商品・サービスを販売する場合、ターゲットはページで初めて商品や販売会社を知ることになります。

初めて人に会う時の事を想像してみてください。
初めて会う人でも、自分の知っている会社の人であったり、有名な賞を受賞している人であったりすれば、少し安心ですよね。

商品や会社の場合も同じように、

・創業◯◯年の実績を誇る会社
・顧客満足度99%

などの実績を伝えることで信頼をアップすることができるのです。

権威性(開発者・推薦者・資格・メディア)

実績と同様、「他の人が評価している」「権威ある人が推薦している」という事実も、ターゲットに信頼感を与えます。
この場合、その道のプロや、ターゲットにとって憧れの人であることが重要です。

・東大生の90%が推薦する大学受験学習法
・有名雑誌で特集されました!
・20代女性に人気のモデルも愛用!

特に人の評価を気にする、女性をターゲットにした商品・サービスでは重要な要素になります。

緊急性・限定性

売るほうとしては「いつでも買えますよ!」として、機会損失をなくしたいところですが、人が行動するには「今やる理由」が必要です。

いつでも買える→今でなくても良い→結局購入を忘れる

となるため、「期間限定」「数量限定」など、「買えなくなるかも」と思わせることが必要なのです。

専門性

専門性は、ちょっとした奥の手です。

競合が多かったり、商品自体の性能では差別化が難しかったりする時には、「〇〇専門」と銘打つことで、他社商品に対してある分野では優位だという見せ方が出来ます。

たとえば、このような例です。

保湿クリーム→かかと専用保湿クリーム
→本当は全身に使えるクリームだか、かかと専用とすることでかかとにおいては他のクリームより効果的な印象を与える
缶コーヒー→朝専用コーヒー
→飲むと頭がすっきりするのはコーヒーの一般的な効果だが、朝専用とすることで他のコーヒーより朝に効きそうな気がする

2つ以上の要素を組み合わせてキャッチコピーに

このように8つの要素をキャッチコピーの中に盛り込めば、簡単に魅力的なキャッチコピー、かつ売れる広告文も作ることができます。目安としては、1つのコピーには2つ以上の要素を入れると良いでしょう。

まず商品の特長をこの8つの形で箇条書きにしてから組み合わせると、数もたくさん作れてテストがはかどります。

有名商品・サービスのコピーにも、これらの要素がしっかり複数使われています。

1日5分から聞き流すだけ!ある日突然、英語が口から飛び出した(スピードラーニング)
期間・時間+やり方+効果
たった2ヶ月でこのカラダ。(ライザップ)
期間・時間+効果

本章でお伝えした「売れるキャッチコピーの8つの要素」、このポイントをきちんと押さえるだけで、簡単に魅力的なキャッチコピーが書けそうだと思いませんか?

要素を組み合わせたキャッチコピーをたくさん作ってテストをしていくと、ターゲットがどこに一番反応しているのかもわかってきます。もしかしたら予想とは違うところに反応されるかもしれません。
そのような結果もすべて貴重なデータですので、広告の改善やマーケティングに活用していきましょう。

さて、キャッチコピーを構成する要素を理解して、組み合わせることは出来るようになりました。
しかしここまでだと、やはり差別化が難しかったり、新商品で実績や第三者評価が無かったりと、反応の取れるキャッチコピーには今一歩の場合もあります。

次回はそんな時、文章表現や構成面で出来る工夫についてお伝えします。

この記事を読んだ方は続きの記事をお読みください↓

これまでの記事はこちらから↓キャッチコピーの魅力をアップさせれば売り上げが上がる効果が実証されている言葉を使う広告の世界では、これまでもさまざまな表現が試され...
初心者でも最速で売れるキャッチコピーを作れる方法「天国と地獄」とは?ターゲットの悩みを書くまずはターゲットの悩みをリサーチします。人は自分の悩みをずばり当て...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧