コピーライティングってなに? 本質・テクニック・ライターの仕事・上達のコツ・おすすめの本まで全部まとめてみた

  • 2020.2.4
  • 2022.1.14
  • 24,033 Views

この記事では、これまでリスマガで紹介してきた「コピーライティング」の基礎知識から、実際のコピーライターの仕事、参考になる有名コピーや本の記事までまとめています。

「コピーライティングがどんなものなのかイチから知りたい!」という方はこのページを参考にしてください。

リスティング広告やコピーライティングを戦略的に使い新規獲得を増やす
「育成型マーケティング新戦略」無料ダウンロードはこちら>>

コピーライティングとは

コピーライティングとは「人間心理を理解し、言葉で読者の行動を変える技術」です。 ネットでコピーライティングについて調べてみると、ヘッドラインやブレット、クロージングコピーといった専門用語や、文章の書き方の注意点など、いろんな情報がでてきますが、本質は「人間心理を理解し、言葉で読者の行動を変える技術」=「ユーザーの気持ちを理解し、ワクワクさせて行動させる」ことにあります。 リスマガでも色々な情報・テクニックを紹介していますが、これが大前提となります。 ここを押さえた上で、コピーライティングのことをより詳しく見ていきましょう。 現役コピーライターが、コピーライターの仕事の本質について語ってくれています↓

コピーライティングの考え方

本質がわかったところで、次に具体的にどういったプロセスでコピーを作っていくかを見ていきましょう。

ユーザーの悩み・欲求を分析する

まずすべきことは、ユーザー心理の分析です。 市場を分析し、ユーザーがどんな悩み。欲求を抱えているかを理解しましょう。

商品・サービスで解決できることを分析する

次に、売りたい商品・サービスの強みを分析します。 単純なスペック上の強みではなく、「商品・サービスを使うことでどんな“結果”が手に入るか?」という視点で考えることができると良いでしょう。

2つをかけ合わせる

ユーザーの悩みと商品・サービスの強みがわかったら、その2つをかけ合わせます。 ユーザーが抱えている悩みや欲求が商品・サービスを使うことで解決できるということをアピールするわけです。 ここでポイントになるのは、ユーザーの悩み・欲求が解決できる、ということです。 いかに優れた商品で、素晴らしい機能や特徴があっても、それがユーザーにとって有益で、ユーザーに求められていなければ売れることはありません。 コピーライティングの考え方をより詳しく知りたい方はこちら↓

すぐに使えるコピーライティングのテクニック

コピーライティングの考え方がわかったので、次はより具体的なテクニック=「売れるコピーをつくるコツ」を見ていきます。 実はコピーライティングには、昔から安定的に成果がでやすい型、いわば「売れるコピーのテンプレート」があります。 分析した結果とこのテンプレートを組み合わせることで、売れるコピーをつくることが出来ます。 今回は、いくつかのテンプレートを紹介します。

効果訴求

商品・サービスを使うことで、ユーザーが抱えている悩みや欲求がどう解決されるかを明記します。 例)「もう○○で悩まない」「○○が出来るようになる」「○○な悩みはありませんか?」

期間・時間

どのくらいの期間でユーザーの悩みが解決されるかを明記します。 ①と組み合わせることで、より商品・サービスを使った時の具体的なイメージをもたせることができます。 例)「○ヶ月で~~」「たった○日で~~」

やり方・難易度・無痛

商品・サービスが「簡単」で「苦痛」なく、欲求を叶えてくれることを伝えるのも効果的です。 人はできるだけ楽をしたい生き物なので、そこをくすぐることで興味をもってもらうことができます。 例)「○○するだけで」「痛くない施術」

価格(無料、半額、返金保証)

「お得感」は最強の武器のひとつです。 実際安くなくても、安く感じさせるだけでも効果はあります。 例)「たった○円で」「今なら○%オフ」

実績

商品・サービスの効果を保証することも大きな効果が期待できます。 同じ金額を払うなら、しっかりとしたものに払いたいと思うものですよね。 例)「○万個突破!」「○割の人が○kg痩せた!」

権威性(開発者、推薦者、資格、メディア)

最近ではInstagramでの紹介もこれにあたりますね。 商品に信頼性・安心感をもたせたり、商品に対する好奇心をもたせる効果があります。 例)「あの女優○○も愛用!」「テレビ番組○○で絶賛された!」

緊急性、限定生

人は「焦り」や「お得感」を購買意欲が高まります。 限定性・緊急性のある言葉はユーザーの購買意欲を高めてくれます。 例)「○日限定で」「今だけ!」

専門性(ターゲットの絞込)

ユーザーに「これは自分のことだ」と捉えてもらうことも効果的です。 例)「○○代独身男性へ」「○○に悩んでいるあなたへ」

好奇心(意外な事実、衝撃の真実など)

人がもともと持っている好奇心を活かしたパターンです。 例)「あなたの常識○○は、実は間違っていた」「実は○○は~~だった!」

具体性

数値のような具体性を持った言葉で、リアリティをもたせると、商品やサービスに信頼性や説得力が生まれます。 例)「○千○○○人が使っています」「1週間で○,○%アップ!」

テンプレートを効果的に使うには

プロも使うこのテンプレートですが、重要なのは「ユーザー分析」と組み合わせてつかうことです。 テンプレートの目的は、ユーザーの悩み・欲求が解決されることをより具体的、かつ効果的に見せることです。 ここを押さえることで、テンプレートを最大限活かすことができます。 より詳しく知りたい方はこちら↓

コピーライターの仕事って?

コピーライティングについて理解できたところで、次は「コピーライティングを仕事にしている」コピーライターが、実際にはどんな仕事をしているかを見ていきましょう。

ライティングは意外と少ない

これまでお伝えしてきたとおり、コピーライティングで重要なのはユーザー心理の理解とそのためのリサーチです。 言葉でユーザーの心を動かす職業なので、文章力が大事だと思われがちですが、実際のコピーライターの仕事では、ライティングよりもリサーチが重要になります。 ユーザー心理を始めとする、市場、商品の特徴、競合の強みなどなど、綿密なリサーチをしてやっとライティングに入るわけです。 コピーライターと聞くと「クリエイティブな仕事」というイメージをする方が多いようですが、実際には個人のセンスというよりは科学的な分析がメインの仕事といえるでしょう。

コピーライティングを上達させるには?

ここからはコピーライティングの学び方について見ていきましょう。 ずばり、一番手っ取り早いやり方は「有名コピー・売れているコピーを真似する」ことです。 売れているコピーにはそれなりの理由があります。 ここまでお伝えしたコピーライティングの考え方やテンプレから、「なぜ売れているか」を分析しながらどんどん真似することで、理論だけではない実践的なコピーライティングを身につけることができます。 有名なキャッチコピーをまとめた記事はこちら↓

コピーライティングの勉強におすすめな本

そうは言っても基礎が大事なことも事実です。 というわけで、最後はコピーライティングを基礎から学べるおすすめの本を紹介します。

全米No.1のセールス・ライターが教える10倍売る人の文章術

アメリカ一流のセールスコピーライター、ジョセフ・シュガーマンの著書です。 コピーライティングやマーケティングを学ぶうえでは絶対に欠かせない著名人です。 この本では、シュガーマンが実際に書いたセールスレターを取り上げてライティングの説明が行われます。 超一流のコピーライターの文章を教材として使っているため、学びも多く、より実践的なテクニックを知ることができる1冊と言えるでしょう。

ウェブセールスライティング習得ハンドブック

ネットビジネスで成果を出すためのスキルをイチから身につけられる本です。 売れるコピーライティングを書くためのマインドセットから始まるという徹底ぶりです。 ネット上で商品・サービスを販売するために必要なコピーライティングや、売れるメールの書き方、人を動かすための心理トリガーなどを学ぶことできます。 セールスコピーやWebマーケティングの基礎を学ぶなら、この1冊はまず間違いないでしょう。 その他のおすすめはこちらの記事で紹介しています↓

まとめ

コピーライティングはセールスには絶対に欠かせないスキルです。 コピーライティングを学ぶことは、心理学やマーケティングを学ぶことにもつながるので、学ぶことで確実にビジネスをステップアップできるスキルとも言えるでしょう。 コピーライティングで売上が2倍以上増えたという事例も多いので、ぜひこの機会にコピーライティングを身につけてください。 デジタルアスリート株式会社はトレンドや時代の変化にあわせて、常に最適なマーケティング戦略を提案します。 最新のマーケティング戦略をまとめたPDF資料はこちらから無料でダウンロードいただけます。 リスティング広告やコピーライティングを戦略的に使い新規獲得を増やす
「育成型マーケティング新戦略」無料ダウンロードはこちら>>

デジタルマーケティングの知見と人脈を深めるコミュニティ

デジタルアスリートCAMPは、各社のデジタルマーケティングに関わる人や経営者、幹部の方が集まり最新の知識や人的交流を促進するコミュニティです。最新のデジタルマーケティングの情報提供や対談、勉強会を通して知見や人脈を深め、実践力を高める事が出来ます。

  • 最新のデジタルマーケティングナレッジの公開
  • 専門家やサービスのレビューと紹介
  • リアル&オンラインの参加者同士の交流

コメント

「コピーライティングってなに? 本質・テクニック・ライターの仕事・上達のコツ・おすすめの本まで全部まとめてみた」に対する1件のコメント

    無料資料ダウンロード

     

    1,800社以上の支援実績に裏づけされた
    『LPO大全』(実行手順シートつき)

    1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

    資料ダウンロード

     

    【リスマガ限定】出版したばかりの
    代表長橋の書籍『第一章』を無料プレゼント!
    DX時代のデジタルマーケティング攻略本

    10年間の中小企業支援実績から導くノウハウ、最新の対応策をまとめました。

    資料ダウンロード

     

    YouTube動画マーケティングがわかる
    企業チャンネル最新攻略法

    YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

    資料ダウンロード

     

    労務費・外注費・経費を削減して売上アップ
    専門チームを外部で育てるラボ型のWebチーム

    経費を削減して売り上げアップする方法を無料で公開!

    資料ダウンロード

    MAIL MAGAZINE

                   

    最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

    上原敏樹

    デジタルアスリート株式会社 D2C戦略部 デザイン課 課長 ディレクター・コピーライター デジタルアスリート株式会社(旧:株式会社リスティングプラス)にコピーライターとして入社。 制作全般、広告全般と徐々に領域を拡大し、現在は主にディレクターとして従事。 セールスコピーライティングはあくまでもテクニック。 マーケティング設計から考えてどんなLPが最適か、という視点でLP、記事LPの制作をしています。

    記事一覧を見る

    X

    【売れるLPとは?】
    1800社以上の支援実績に
    裏付けされたLPO大全
    CVを増やすLPOのポイントを解説!
    初めてのLPOでも大丈夫、リサーチや
    コピーライティングですぐに使えるLP改善テンプレート付き!

    無料でPDFファイルをダウンロードする