広告運用者直伝!サイトリンクを設定する3つのメリットとコツ

  • 2022.5.24
  • 1,875 Views

Google広告には広告効果をアシストする機能として「広告表示オプション」があります。
広告文は文字数が限られていて、伝えたい情報を満たしきれないこともありますよね。

広告表示オプションは、そんな広告文だけでは満たしきれない部分をアシストしてくれる機能です。
この記事では、広告表示オプションの中の1つである「サイトリンク表示オプション」について

  • 仕組みと設定したほうがいいメリット
  • 成果を出すための設定のコツ
  • 活用事例
  • すぐ実行できる設定方法

をお伝えします。

まだサイトリンク表示オプションの設定をしていない場合は、この記事を読んだらすぐに設定しましょう。

潜在層を熱狂的ファンに引上げ、LTVを高める5つの顧客育成フロー
「育成型マーケティング新戦略」無料ダウンロードはこちら>>

サイトリンク表示オプションとは

「サイトリンク表示オプション」とは、広告のリンク先URLとは別に、ユーザーを特定のページに直接誘導できるオプション機能のことです。

商品カテゴリが複数ある会社の場合、商品やサービスの種類ごとにサイトリンクオプションを設定することで、ユーザーが必要とする情報に広告から直接誘導することができます。

つまりサイトを訪問してから欲しい情報を探すのではなく、直接欲しい情報に辿り着くことができるので、ユーザーの利便性をあげることができるのです。

サイトリンク表示オプションはどこに表示されるのか

サイトリンク表示オプションがどのように表示されるかは、デバイスや表示位置などに応じて異なります。
実際にPCやスマホでどのような見え方になるのか、あらかじめ確認しておきましょう。

参考例:PCにおけるサイトリンク表示オプション(赤枠内)

参考例:スマートフォンにおけるサイトリンク表示オプション(赤枠内)

▼このように小さく表示される場合もあります。

サイトリンク表示オプションの仕組み

PCで最大6個、モバイルで最大8個が表示される

サイトリンク表示オプションは、掲載される端末の種類や場所、その他の要因によって表示形式や表示数が変わります。

実際に表示された広告を見て、広告によって情報量が違うと思ったことがあるかもしれませんが、PCの場合は1つの広告に最大6個のサイトリンクが表示されます。

モバイルの場合は最大8個のサイトリンクが表示され、ユーザーはカルーセルを左右にスワイプすることで他のサイトリンクを見ることができます。

検索結果の最上部に掲載された場合、サイトリンク表示オプションは各リンクが1行に1つずつ並んだ形式で表示され通常よりも目立ちやすくなります。

無料で追加でき、クリックされた時に広告と同額の費用がかかる

サイトリンク表示オプションは無料で追加できます。
また料金が発生するのは広告を見たユーザーが実際にクリックした場合のみです。

サイトリンクがクリックされた場合に発生する料金は、その広告の広告見出しがクリックされた場合と同額です。

よりユーザーのニーズに沿ったページに遷移させることができるので、満足度が上がりやすいと言えます。

設定したほうがいい3つの理由(メリット)

ここでは、サイトリンク表示オプションを設定するメリットをご紹介します。

クリック率が上がる

広告の情報量が増えることで、ユーザーの悩みやニーズに応える情報を提供することができるため、クリック率がアップします。

例えば、サイトリンクが表示されなかったときと、されなかったときでは、同じ広告でも10%近くクリック率が違うことがあります。

これは同じ広告の月間の数値であり、広告文とサイトリンクのクリック率を比較した物ですが、同じ広告でもサイトリンク表示オプションのクリック率が高い結果になっています。

クリック数が増えるなら無駄クリックも多くなりコストがかさむのでは?という質問をもらうことがあります。

確かにそのような側面もありますが、サイトリンクからCVがとれていればサイトリンクを設定すべきでしょう。
各サイトリンクからのCVRも管理画面から確認できますが、サイトリンクからCVが発生しているのであれば、設定によりCVの機会が増えていると考えられるからです。

ただし、すべてのサイトリンクの結果が良くなるわけではないので通常の運用と同じように、数値を確認しサイトリンクの文言を改善していくことが必要です。

画面の占有率が上がる

サイトリンク表示オプションを使用することで、画面の占有率が増え、競合との差別化が可能です。

たとえば、図のように表示された場合、PCでのファーストビューは自社広告のみになり、競合をおさえることができます。

広告ランクが上がる

広告ランクは、広告の掲載順位を決める要素の1つです。

サイトリンク表示オプションを設定すると、広告ランク計算時に考慮されます。
これはサイトリンクだけではなく、広告オプション全般にいえるので、出来る限りたくさんの広告表示オプションを設定することを推奨します。

広告ランクについて詳しくはこちらをご確認ください。

成果を伸ばすサイトリンク表示オプションの設定のコツ

広告文は文字数が限られていて伝えたい情報を満たしきれないこともあります。
広告表示オプションを使うことで、そのような広告文だけでは伝えきれない情報を伝えることが可能です。 以下のような設定をするのがおすすめです。

  • 商品名を設定
  • ターゲットユーザー別に設定
  • 特集
  • セールを設定
  • 会社概要や問合せを設定

商品名を設定

家具や家電といった複数の商品を扱っている場合、このように商品別にサイトリンク表示オプションを設定することで、ユーザーが求めている商品にスムーズに誘導することができます。

ターゲットユーザー別に設定

アパレルショップなど、様々な年代や性別の商品を扱っている場合、ターゲットユーザー別に設定します。

特集・セールを設定

現在行っているキャンペーンや特集を設定します。

会社概要や問合せを設定

BtoBの場合は会社概要・アクセス・問合せ・サービス一覧など、会社に関係する情報がよくみられるため設定しておくといいでしょう。

「会社概要をクリックされても意味がない」と思うかもしれませんが、ユーザーからすると、会社の情報をみて信頼できるかどうか判断する場合があります。

その他リスティングプラスではお客様の声という実績のページがクリック率が高い傾向にあります。

サイトリンク表示オプション設定の3ステップ

サイトリンク表示オプションの設定は3つのステップで完了します。

1.左側のページメニューで[広告と広告表示オプション]をクリックし、[広告表示オプション]をクリックします。

2.青色のプラスボタンをクリックし、[サイトリンク表示オプション]を選択

3.テキストが入力できるので設定していきます。

サイトリンクは少なくとも2~4個作成しましょう。
広告が属しているアカウント、キャンペーン、広告グループのいずれかに、サイトリンクを2 個以上作成および関連付けしない限り、広告にサイトリンクは表示されません。

また表示されるのは最大6個ですが、出来る限り多くのサイトリンクを設定することをおすすめします。
設定したサイトリンクの中からGoogleが最適化をかけてくれより成果が上がりやすくなります。

サイトリンク表示オプション設定の注意点

サイトリンク表示オプションを設定する際にはいくつか注意点があり、詳しくはGoogle広告ポリシーヘルプのサイトリンク表示オプションの要件に掲載されています。

サイトリンク表示オプションの要件 – Google 広告ポリシー ヘルプ 

この要件によると、以下のようなケースは許可されません。

①複数のサイトリンクで同じリンクテキストを使用すること
②URLの重複
③第三者のURL
④サイトリンク表示オプションにおける句読点と記号※
※ユーザーの目を引くことだけを目的として、リンクテキストまたは広告文に含められた不必要な句読点や記号

さらに、効果的に活用するためには以下の注意点も理解しておきましょう。
Google広告ヘルプでは以下の注意点が掲載されています。

リンクテキストは短めにする

リンクテキストは短いほど、より多くのリンクを表示できます。サイトリンクで使用できる文字数は、半角25文字(中国語、日本語、韓国語などの全角文字であれば 12文字)までです。

リンク項目にはサイトの構成を反映させる

サイトリンク用のページを選ぶときは、Webサイトのナビゲーションバーが参考になります。

リンクに説明を追加する

各リンクに説明を追加すると、ユーザーにとっての広告の有用性が高まります。
説明を追加しても表示できるリンクの数は減りません。
サイトリンクの説明を書く時間がない場合も、動的サイトリンク表示オプションを有効にしていれば心配ありません。説明が Google広告によって自動生成されます。

他にも注意点として、設定するサイトリンクのタイトルは、広告文に設定しているページ内にあるリンク先の名前と一致している必要があります。

サイトリンク表示オプションはあくまでもユーザーの利便性を上げるためのオプションの1つです。
セールスを意識するよりは、ユーザーが何の情報がそのリンク先にあるのか、ひと目で分かるようなものを設定しましょう。

まとめ

「サイトリンク表示オプション」はユーザーのニーズに直接アプローチできる広告表示オプションです。
配信側は、クリック率がアップしたり、画面の占有率が高くなったりとメリットしかありません。

また、ユーザーにとっても直接見たいページにすぐにいけるので利便性がよくなり親切な企業と認識しやすくなります。簡単に設定ができるので、まずは設定してみてください。

デジタルアスリート株式会社はトレンドや時代の変化にあわせて、
常に最適なマーケティング戦略を提案します。

最新のマーケティング戦略をまとめたPDF資料はこちらから無料でダウンロードいただけます。
潜在層を熱狂的ファンに引上げ、LTVを高める5つの顧客育成フロー
「育成型マーケティング新戦略」無料ダウンロードはこちら>>

デジタルマーケティングの知見と人脈を深めるコミュニティ

デジタルアスリートCAMPは、各社のデジタルマーケティングに関わる人や経営者、幹部の方が集まり最新の知識や人的交流を促進するコミュニティです。最新のデジタルマーケティングの情報提供や対談、勉強会を通して知見や人脈を深め、実践力を高める事が出来ます。

  • 最新のデジタルマーケティングナレッジの公開
  • 専門家やサービスのレビューと紹介
  • リアル&オンラインの参加者同士の交流

コメント

カテゴリー別記事

リスティング広告

新規顧客の獲得効率を最大化する

リスティング広告の基本から最新のノウハウまで公開

無料資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

【リスマガ限定】出版したばかりの
代表長橋の書籍『第一章』を無料プレゼント!
DX時代のデジタルマーケティング攻略本

10年間の中小企業支援実績から導くノウハウ、最新の対応策をまとめました。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

労務費・外注費・経費を削減して売上アップ
専門チームを外部で育てるラボ型のWebチーム

経費を削減して売り上げアップする方法を無料で公開!

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

大和田千尋

デジタルアスリート株式会社
インハウス事業部部長

新卒入社した企業で飛び込み営業を経験。1人で出来る仕事の限界を知ったことでWeb集客に興味を持ち、デジタルアスリート株式会社(旧:株式会社リスティングプラス)へ入社。
立ち上げから携わった営業部では現在マネージャーを勤め、新規クライアントをメインに最適なWeb媒体の提案を行っている。カラオケの十八番はももクロ。

記事一覧を見る

X

【売れるLPとは?】
1800社以上の支援実績に
裏付けされたLPO大全
CVを増やすLPOのポイントを解説!
初めてのLPOでも大丈夫、リサーチや
コピーライティングですぐに使えるLP改善テンプレート付き!

無料でPDFファイルをダウンロードする