設定するだけでクリック率1.5倍!?役立つ広告表示オプション機能をご紹介!

皆さんは、リスティング広告の運用時に広告表示オプションを使っていますか? ・オプションでしょ?面倒だしつけていないよ ・今の広告文に加えても意味ないよ ・そもそも、広告表示オプションってなに? いろいろな方がいると思いますが、この広告表示オプション、「オプション」とはいえ設定しないとかなり損です。 というのも、設定しないことで掲載枠が小さくなったり、クリックの数が少なくなったりしている可能性があるからです。 この記事では今すぐ行えるアカウントの改善・拡大施策として、広告表示オプションについて徹底解説します。

広告表示オプションとは

広告表示オプションとはGoogle広告、Yahoo!スポンサードサーチ(以下、YSS)などのリスティング広告で、広告文とは別に設定できる追加情報のことを指します。

例えば、電話番号の追加やリンク先の追加、価格表記がそれにあたります。

「え?それだけ?本当にオプションじゃん笑」なんて声が聞こえてきそうですが、実際、広告表示オプションを設定しないのは大きな機会損失となります。

■Google広告の場合

画像の赤枠の箇所が「広告表示オプション」部分になります。 

■Yahoo!スポンサードサーチの場合

上記の場合で、広告表示オプションの内容について見て行きましょう。
普通は、住所を広告文に入れることはありません。入れた所で、訴求としては特に強くはありません。

ですが、広告文+住所なら少し事情が変わります。

例えば弊社の場合、広告の運用代行サービスを行っているので、打ち合わせや最初の相談時にはお客様にお越し頂く場合もあります。

その際、お客様の立場からすると、少なからず会社の立地は気になるものです。
広告文で「何ができるか(アピール)」しつつ「住所表示」で所在地を明確にすることで、
「近いし、話だけでも聞きたい」
「契約を結んだ際には打ち合わせしやすいな」
というように、クリックの前段階でユーザーにポジティブな情報を与えることができます。

些細な事ながら、あるに越したことがないという存在が、広告表示オプションなのです。

広告表示オプションのメリット

クリック率が向上する

「え?本当?」と思われそうですが、事実Googleは下記の様にデータを出しています。

広告表示オプションはいずれもユーザーの利便性向上を目的としていますが、最終的には広告主様のクリック率向上につながります。Google の調査によると、新しい広告表示オプションを導入することで、クリック率が平均 10~15% 向上*しています。

*実際の向上率は、広告主様の業種、取り扱い商品、広告表示オプションの種類など、さまざまな要因によって異なります。ここに挙げた向上率が保証されるわけではありませんのでご了承ください。

 
もちろん全てが向上するわけではなく、広告文がしっかりと練られているかが大前提になります。
ですが、自分の100%を出しきって作成した広告文の120%の力を引き出すことができるのが、広告表示オプションだとも言えますね。

また広告の品質スコアを判断する「クリック率」、「ランディングページの利便性」、「広告の関連性」といった要素のうち、クリック率に関わる設定ですので、追加することにより品質スコアの改善にもつながります!

もっと品質スコアなどの仕組みを知りたい方はこちらから↓

広告ランクはどのように決まる?はじめに広告ランクがどのようにして決められるのか、その仕組と広告ランクが決まる要素について解説していきます。広告ランクは、入札...

クリック率を上げる効果的な方法とは?クリック率を上げることは、訪問者の数を増やす以外にもクリック単価を抑えたり、広告の上位表示にも繋がるため、意識したい数値...

掲載枠の確保

広告表示オプションを設定することで、広告文の表示される枠を増やすことができます。

上記の参考画像でも、検索窓から下部のいわゆるファーストビューの箇所を独占していますよね?
これは広告表示オプションをしっかりと設定しているからできる事です。

特に目立つのはサイトリンクのオプション表記ですね。

広告からのリンク先以外にもテーマに基づいたリンク先へ遷移させる事ができますし、端的にどういったサービスを取り扱っているのかも認知させる事ができます。

いまや、ユーザーの検索行動の7割スマートフォンとも言われています。
上位掲載できれば、ファーストビューを独占する事も可能なので、しっかりサイトリンクオプションを設定しておきましょう。

広告の質の向上

サイトリンクの設定は、広告ランク(掲載順位への変動)の向上にもつながります。

Googleも公式で「広告表示オプションの設定は広告ランクに影響を与える」と発表しているので、必須の設定だと考えておきましょう。

広告表示オプションのデメリット

手間がかかる

広告文を考えるにも時間はかかりますので、さらに設定をするとなると少し手間がかかります。
考える手間、設定する時間など・・・。

ですが、そこまでして行う価値が広告表示オプションにあるのは上記で述べているメリットの通りです。

表示が出るか、出ないかはGoogle次第

Google広告においてサイトリンクやコールアウトの表記を始めとした広告表示オプションは、設定しても必ず出るものではありません。

表示されるかどうかは、順位や広告の質で変わってきます。
また、狙ったものが確実に表記できるものでもなく、何が表記されるかもGoogleのシステムが判断することになります。

とはいえ、設定されていなければ、そもそも画面占有率が少なくなり、伝えられる情報も広告の範囲内にとどまることになってしまいます。

このようにデメリットは大したものではありません。ぜひ、設定をしておきましょう!

広告表示オプションの種類について

いざ広告表示オプションに興味を持っても、そもそもの種類や特徴を知らないことには設定はできませんよね。

ここでは、まず導入をおすすめする4つの広告表示オプションの種類をご紹介します。

サイトリンクオプション

画像の赤枠部分です。
ダイレクトに自社のページに飛ばすことのできるサービスです。PC、スマホともに上記の様に大きく枠を利用するので画面の占有率が非常に高くなります。

どんなサービス、商材でも設定することができます。

構造化スニペット

緑枠部分です。
12種類のカテゴリから「テーマ」を選び、それに沿った文言の登録を行うことができます。
カテゴリをわかりやすく表記するのでサービス名称や地域名の登録をおすすめします。

注意点としては「テーマ」と内容が伴っていない場合は審査落ちが発生します。
例えばテーマ内には「サービス」という見出しがあるのですが、「サービス」に対して設定を行う文言が「ビタミンC」や「カルシウム」等ですと、テーマに見合ってないとされ、審査落ちします。

しっかりと設定を行う「テーマ」にあった内容を登録しましょう。

電話番号表示オプション

青枠部分です。
広告文章に電話番号を設置することができます。

広告を見てからのお問い合わせも期待できますし、どの業界でのビジネスでも利用できる汎用性の高い設定です。

コールアウト表示オプション

画像には無いのですが、広告文とは別に文章ベースで訴求を行うことができます。
例えば「駐車場無料」というのはわざわざ広告文に組み込むのも勿体無いですが、書いてあれば魅力感じる方はいますよね。

この様に、広告で打ち出すのは惜しいけど是非ともお客様に知っておいて欲しい情報を掲載できるオプションとして重宝できます。

上記画像はGoogle広告のものですが、紹介した広告表示オプションはYahoo!スポンサードサーチ広告にも同様の設定があります。
ただし、名称は下記の様に異なりますので混同には注意してくださいね。

Google広告
・サイトリンク表示オプション
・コールアウト表示オプション
・構造化スニペット表示オプション
・電話番号表示オプション
・メッセージ表示オプション
・住所表示オプション
・アフィリエイト住所表示オプション
・価格表示オプション
・アプリリンク表示オプション
・プロモーション表示オプション

   

Yahoo!スポンサードサーチ
・クイックリンクオプション
・テキスト補足オプション
・電話番号オプション
・カテゴリ補足オプション

オプションの設定方法

広告表示オプションを使いたい場合は、管理画面から設定が出来ます。

Google広告の場合

「広告と広告表示オプション」から設定できます。

こちらから各種+マークから追加、設定を行う事ができます。
また、設定してからの編集も容易なので、管理画面で是非とも確認してみてください!

YSSの場合

管理画面に「広告表示オプション」という非常にわかりやすい表記があります。

まとめ

サイトリンクを始めとした広告表示オプションの価値、使い勝手について理解していただけたでしょうか?

設定してなかった所が多かった場合、むしろまだ伸びしろがあったという事ですので、ぜひ今後は活用してください!

広告表示オプションはキャンペーン単位、広告グループ単位で細かく設定可能ですので、せひ最適な設定を見つけてくださいね。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)