【Googleマップに上位表示】無料で店舗の集客数を3倍にする方法とは

「OK、Google!近くのおもちゃ屋さんを教えて!」 最近、こんな風にお店を“ググる”人が増えてきました。 スマートフォンの位置情報に基づいて近くのお店を検索してくれるので大変便利です。 これはGoogleマップと呼ばれ、地図情報から実店舗の場所が把握できるツールです。 あなたのお店は掲載されていますか?ビジネスオーナーであれば「Googleマイビジネス」を使って簡単に店舗の情報をGoogleマップに掲載し、集客することができます。 あなたが店舗を経営していて、Googleマップを利用した集客をしていないなら、それは非常にもったいないことです。 今回はGoogleマップを使って、集客効果を高めるために必要なことについてお伝えします!

Googleマップに自分の店舗を表示させよう!

Googleマイビジネスとは

Googleマイビジネスとは、2014年にGoogle社が開始した事業者向けの無料の集客サービスです。

Googleマップに掲載するには、すべてはGoogleマイビジネスにビジネスに情報を登録するところから始まります。

ビジネス情報を登録すると、営業時間や定休日、電話番号、ホームページURL、地図、口コミ、写真などを、Google検索結果・Googleマップなどの情報をGoogleサイト上に無料で表示できます。

Googleマップに表示させるメリット

なんといっても集客力

Googleはインターネット検索をする60%以上のユーザーに使われています。

つまり、掲載するだけでお店や会社をアピールし集客するチャンスになり得ます。しかも検索結果の右側に目立つ形で表示されるので、ユーザーに与えるインパクトも大きいです。

お店への経路がわかりやすい

お店への経路がわかることも大きなメリットです。

表示される項目の中には、「経路案内」というボタンがあります。これをクリックするとGoogleマップが表示され、お店までの経路がすぐにわかるのです。
わかりづらい場所に店舗があってもノープロブレムですね!

しかもこの時、Googleがユーザーの現在地を特定し、渋滞状況も加味した最短ルートを表示してくれます。

つまり、ユーザーがあなたのお店を認知してから来店に至るまでのハードルを限りなく低くすることができます。これは大きな集客効果ですよね。

蛇足にはなりますが、実は私の前職は元営業なんですが、初めて行く営業先にはGoogleマップが欠かせませんでした。事前に地図や道順を印刷していなくても、Googleマップに掲載されていれば迷うことなく行けたので非常に助かりました。
営業の後のランチ選びもGoogleマップ様様でしたね。

この、近所のレストランやお店を検索することを「ローカル検索」と言い、GoogleマップやGoogle検索でローカル検索されたときに表示される検索結果を「ローカル検索結果」と言います。

Googleマイビジネスの始め方

Googleマイビジネスのアカウントは、地図情報で住所が確認できたお店や会社であれば、すでにできている場合が多いです。私の父も自営業者なのですが、Web施策とは全く無縁なのに自分の会社が表示されていて驚いていました(笑)。

まずは確認のために、店舗名や会社名でGoogle検索して、リスティングが表示されるか確認してみましょう。

リスティングが表示される場合

「このビジネスのオーナーですか?」をクリックし、オーナー確認をしましょう。

ビジネス名、住所、電話番号、所在地、ビジネスのタイプなどを入力し、最後に登録されている電話番号で確認コードを受け取り認証します。このオーナー確認が済んだら、自由に編集できるようになります。

表示されない場合

Googleマイビジネスの公式サイトにて、アカウントを作成します。

画面右上の「ご利用を開始」をクリックし、その先の手順に沿って進めていきます。
ビジネス名、住所、電話番号、所在地、ビジネスのタイプなどを入力し、最後に登録されている電話番号で確認コードを受け取り認証します。このオーナー確認が済んだら、自由に編集できるようになります。

どうやったら上位表示させられるの?

Googleマップ上で上位表示させるためには、SEO対策ならぬ、MEO対策が有効となります。

MEOとは、Map Engine Optimizationの略で、別名「ローカルSEO」とも呼ばれています。GoogleマップとGoogle検索で、「業種×地域名」「サービス内容×地域名」で検索したとき、リスティング枠内で上位表示させる施策のことを指します。

ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組みを、Googleはこのように紹介しています。

ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度といった要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

引用元:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する

実はまだ、MEO対策を行っている企業は少ないと言われています。
MEO対策は無料でできる上に、競合があまり力を入れていないポイントかもしれません!ここで競合と差をつけて、集客に役立てましょう!

では具体的にMEO対策とはなにをすれば良いのでしょうか。

MEOその① 情報を充実させる

Googleマイビジネスのビジネス情報には、常に新しい情報を入れてあげましょう。ユーザーが欲する新鮮な情報をカゴいっぱいに入れてあげるイメージです。

SEO対策においても、ひとつのサイトの更新頻度、つまりユーザーが求める新しい情報を常に更新し続けているかどうかは、上位化の重要なポイントと言われています。この点に関してはMEO対策も同様で、ユーザーが求めている情報を常に最新にしておくことが上位化につながってきます。一度登録したら放置!は好ましくありません。

常に正しい営業時間や定休日にしておく、ウェブサイトへのリンクを登録する、説明文を充実させるなど、店舗の情報を充実させることで、Googleに「最適な検索結果」だと判断されやすくなる傾向にあるようです。

MEOその②写真を追加する

初めて行く場所の写真がないと、どんな場所なのか、どんな雰囲気なのか、気になることが多いですよね。写真がないお店は自然と選択肢から消えてしまうことも少なくありません。視覚的情報がないものに、人は高い壁を感じます。

写真は「安心感」を与える役割を持っているので、新規のお客様の来店ハードルを下げてくれる絶対に設定すべき項目です。集客を目的とする際には絶対に設定しましょう。

店舗の外観や店内の雰囲気がわかる写真、サービス風景(治療院であれば施術中の様子など)、メニューの写真など、ユーザーが求める情報は常に最新に保ってあげましょう。新しいメニューやサービスを増やした際には、関連する写真を追加していくことが望ましいです。

しっかりとお客様目線で撮影してあげてくださいね。

MEOその③ 投稿機能を活用する

Googleマイビジネスの投稿機能は、2017年6月末に公開された機能です。Googleでは下記のように紹介されています。

Google マイビジネスの「投稿」機能を使うと、お客様のイベント、商品、サービスなどの情報を Google 検索や Google マップに直接公開できます。投稿を作成して公開すれば、Google でお客様のビジネス リスティングを見つけたユーザーに、テキスト、動画、写真を使ったタイムリーなコンテンツをアピールできます

引用元:Google で投稿を作成する

ただあなたのお店を知ってもらうだけでなく、サービスのプロモーションや商品紹介、クーポンコードの発行などを、投稿機能で行うことができます

平日限定のおすすめや実施中のプロモーションのPR、売れ筋商品や新着商品の紹介、イベントや開催予定のプロモーション告知など、アイデア次第でいろいろなことができます。認知から集客へつながる行動の促進に役立ててください!

MEOその④ ビジネス名に地名を入れる

Googleの掲載順位の仕組みの説明にもあった「関連性」を高めるためにビジネス名の後に地名を入れてあげましょう。これだけでもローカル検索された際に関連性が高いと見なされます。

西新宿で治療院をやっている方なら

「治療院リスプラ|西新宿」

このように地名を付け加えるだけです。

MEOその⑤ 口コミを増やす

Googleでは、知名度が掲載順位に影響すると明言されています。
この知名度を上げるためには、有名人のブログで紹介されたり、大手メディアで紹介されたり、ネット上の色々なところでサイトが紹介されている必要があります。

しかしそれを実現するにはお金を払って掲載してもらったりしないと難しいのが実情。

ここで突破口をご紹介します!
知名度は上記のような「被リンク」の数だけでなく、Googleでの口コミの数と点数がローカル検索結果に影響を与えると明記されているんです。

つまり、Googleで高い評価の口コミを多く集めることが出来れば、上位表示が可能になります。また、口コミの内容も評価基準になりますので、星だけでコメントなしの口コミではなく、コメント付きの口コミを集めるようにしてみてください。

まとめ

こんなに効果絶大な集客手段なのに意外と競合は手つかずのGoogleマイビジネス。

しかも無料・・・。これをやらない手はありません!この記事で紹介したやり方を参考に、ぜひ活用して集客に役立ててくださいね。

他にもWeb広告の力で集客をする方法はまだまだあります!ぜひ他の記事も参考にして下さい。

【新規顧客獲得】のためのFacebook広告活用法上述のようにFacebookでは新規顧客獲得のためにFacebook広告を活用します。また、意外と知られていませんが、Facebookは201...

インスタグラムって人気らしいけど、そもそもどんなSNSなの?インスタグラム(Instagram)とは、一言で言えば、「写真や動画を撮影・投稿・シェアできるSNS」のこ...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)