オーガニック検索とは?初心者でも5分でわかるように解説します

似たような名前がたくさんあるWeb用語。この4月に初めてWeb業界・Web担当となった方は、用語を理解するのに四苦八苦していると思います。 今回は「オーガニック検索」について説明するのですが、この記事を読む5分間で「オーガニック検索がわかった!」と言われるように初心者にもわかりやすく解説していきます。

オーガニック検索とは

オーガニック検索とはユーザーが検索したキーワードの広告枠を除いた検索結果のことです。
文章だと分かりづらいので、以下の画像をご覧下さい。

画像内の赤枠部分が「オーガニック検索」の表示枠です。一方、青枠がリスティング広告の掲載面です。

ちなみに、オーガニック検索は広告などを含まない純粋な検索結果を指すことから、別名「自然検索」とも呼ばれています。

どちらもよく使われる言葉なので、オーガニック検索=自然検索と覚えておき、「自然検索」と聞いた時に「??」とならないようにしましょう。

オーガニック検索とリスティング広告の違い

オーガニック検索とリスティング広告の違いは、簡単にいうと広告かそうじゃないかの違いです。

リスティング広告は別名「検索連動型広告」とも呼ばれています。これは、ユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果に表示されるからです。

リスティング広告についてもっと知りたい方はこちらから↓

「リスティング広告」とは何かリスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンで任意のキーワードを検索した時、その検索結果に連動して表示される広告のことです。この...

オーガニック検索のメリット

オーガニック検索の良いところはなんと言っても「無料」であることです。

リスティング広告も表示されるだけなら無料ですが、クリック課金制なので当然、興味をもった人にクリックされれば料金が発生します。
しかしオーガニック検索は広告ではないので、当然クリックされても料金は発生しません。

GoogleとYahoo!のちがい

オーガニック検索とリスティング広告の違いを理解したところでつづいては検索エンジンについて簡単に説明します。

検索エンジンは、ユーザーがなにかをインターネットで調べたい時に使用するツールです。「Google」「Yahoo!」などが代表的な検索エンジンです。

では、GoogleとYahoo!のちがいって何だと思いますか?

答えは「検索結果」です。同じキーワードを検索しても同じ検索結果にはなりません。試しに「ダイエット サプリ」で検索してみてください。

【Googleで検索した場合】

【Yahoo!で検索した場合】

検索結果の表示は各検索エンジンに組み込まれているアルゴリズム(独自指標)によって評価され、その評価が高かったページ順に表示がされます。
Yahoo!はGoogleの検索アルゴリズムを採用しており、自然検索の順位はYahoo!とGoogle双方同じ順位となっています。

ただし、Yahoo!の場合は独自のコンテンツとしてYahooニュースが表示されたり、知恵袋が検索結果に表示されたりします。
この独自コンテンツが表示されることにより、検索結果の表示順も異なってきます。

また、Googleの検索結果でもショッピング広告などが掲載されてるケースがあるので、その場合は見た目に差があるのがわかります。

検索エンジンがそれぞれのアルゴリズムで評価をして検索結果として表示する順番のことを「掲載順位」と呼んでいます。

オーガニック検索とSEO対策

前段でオーガニック検索の結果が表示されるときの順番を、掲載順位と呼ぶことを説明しました。
この掲載順位は、順番が上に行けば行くほど誰かに見られる確率は高まります。

最終ページから検索結果を確認する人っていないですよね。通常はトップページから大体2~3ページ目くらいまでの結果を確認すると思います。

つまり、トップページの先頭に近ければ近いほどユーザーの目に止まる可能性が上がります。

したがって、リスティング広告と同じようにオーガニック検索でも掲載順位を上げることが重要なのです。

また、最近ではお店を探しているユーザーにはオーガニック検索よりも先にGoogleマップが表示されるようになってきているので、検索結果の上部に掲載されている大半が広告になってきています。

このように限られた検索結果の掲載面1ページ目に、オーガニック検索が出るように対策していかなければ、せっかくの商品やサービスがユーザーの目に止まらず売上につながらない可能性があります。

なるべく多くのユーザーに見てもらうためにオーガニック検索で表示される掲載順位をいかにして上に上げていくか。

この対策のことをSEO対策と言います。

オーガニック検索で掲載順位を高くするためには、まず現状把握から始めましょう。
現状を把握することで課題も自ずと見えてくるからです。

SEO対策をもっと詳しく知りたい方はこちらから↓

Webマーケティングを行なう時、特にスタートアップや中小企業などリソースが十分でない場合は「どの施策にリソースを割くか」「どのように優先順位をつけるか」が重要に...

内部SEOと外部SEO検索アルゴリズムは200以上の指標をもとに順位を決定していると言われ、検索エンジン最適化(SEO)は大きく分けて内部SEOと外部SEOの2つに分類できます。...

オーガニック検索の掲載順位上位化

ではどうやって掲載順位をあげていけばいいのでしょうか。

Webの最大のメリットはインターネット上でのユーザーの行動が「数値」として可視化されていることです。

現状把握に役立つツールがあるのでご紹介します。

リスティング広告はGoogle広告やYahooビジネスマネジャーなどから現状のデータを確認・分析して把握していきます。
オーガニック検索も例外ではありません。オーガニック検索もリスティング広告のようにデータ分析ができます。そして分析を行う際に使う代表的なツールが「GoogleAnalytics」と「Googleサーチコンソール」です。

これらをあわせて使うことで、以下の内容が分析できます。

・検索キーワード
・掲載順位
・サイト内のページセッション数
・サイト内の離脱率
・サイト内の滞在時間

つまり、ユーザーはどんな情報を求めてサイトを訪れたのか、どのページが人気か、ちゃんと読まれているか、ページは見つけやすい位置に表示されているかというようなことがわかるのです。

これらの情報からユーザーのニーズにそった内容に修正していくことで、検索エンジンに評価されるコンテンツに改良していけるのです。

GoogleAnalyticsとGoogleサーチコンソールについて詳しくはこちらから↓

Googleアナリティクスでなにができるの?まずは、具体的な見方の解説の前に、Googleアナリティクスで何ができるのかを整理しておきましょう。Googleアナリティクスを使...

リスマガ【Web集客の教科書】
 
リスマガ【Web集客の教科書】
Web集客の基本から最新ノウハウまで!現役コンサルタントが、リスティング広告やWebマーケティングの情報をわかりやすくお伝えします。

まとめ

オーガニック検索(自然検索)は「ユーザーが検索したキーワードに対して表示された広告を除いた検索結果」のことです。

オーガニック検索・リスティング広告を上手に使って、あなたのサイトへの訪問数を増やし、売上を上げていきましょう。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧