SNS検索とは?GoogleやYahoo!を使わない若者の検索行動を徹底解説

  • 2019.1.9
  • 19,294 Views

日常で何か分からないことがあった時、どうやって情報を調べていますか?
多くの人は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで検索して情報を探しますよね。「ググる」という言葉が存在するほど、このようなWeb検索は一般的なものになりました。

しかし、そんな当たり前の習慣も10代を中心とした若者の中では変わってきています。
検索=GoogleやYahoo!という常識が、今変わりつつあるのです。

今日はそんな若者の間で広がっている「SNSを使った検索行動」について、実際に若者が取っている行動の詳細や、そんな検索行動に対応するためのポイントをお伝えします。

10代はこんなにSNS検索を使っている

ある調査によると「最近、検索によく使うサービス」として、下記の結果が出ています。

・Google…33%
・Twitter…31%
・Instagram…24%
・Yahoo!…12%

 

出典:LIDDELL株式会社/ECzine

TwitterがGoogleとほとんど変わらない状況です。
Yahoo!に至ってはInstagramよりも利用率が低くなってしまっています。

検索や情報発信のスタイルはSNSごとに使い分ける

この結果から、若者は検索エンジンよりもSNSの情報を頼りにしていることがわかります。
またSNSといっても一括りではなく、欲しい情報ごとに検索するSNSを使い分けている若者が多いようです。

主に以下のような使い分けをしているようです。

・Twitter
→ニュース速報、ライブ情報、ゴシップ・トレンドなど
 
・Instagram
→髪型や洋服、ネイル、メイク、飲食店、観光地など

 
SNSごとの特徴が使い分けのポイントと言えるでしょう。
欲しい情報によってSNSを使い分けることでより確かな情報を手に入れることができます。
 
そもそもSNSにはそれぞれ集まりやすい情報に特徴や傾向があります。
情報発信をする側としても、SNSごとに方向性を分けて利用しているからです。SNSの種類別にどんな自分を表現したいかの調査では、以下のような結果が出ました。

・Instagram
→自分らしさや個性を表現する場。

「良い自分を表現したい」という意識を持った人が多い。
 
・Twitter
→本音を語るための場所。

「ちょっとした思いやつぶやき」「ネガティブ発言や愚痴」など等身大の自分を発信する内容が多い傾向。

 
このように集まる情報自体がSNSによって違うので、検索する際に欲しい情報によってSNSを使い分けるのも当然と言えるでしょう。

SNS検索がリアルの行動に大きく影響している

「インスタ映え」という言葉を耳にしたことはありますか?
インスタ映えとはインスタグラムに「映え」る写真を撮影することを意味します。

メディアでも「インスタ映え」スポットやスイーツなどが特集されるなど、かなり耳にする機会は増えていると思います。2017年には流行語大賞にも選ばれました。

インスタグラムに「映え」る写真を投稿するために普段とは違う行動をしたり、欲しいものや食べたいものよりもインパクトを優先したりと、インスタ映えを意識した行動をする人が増えました。だからこそ、ここまで「インスタ映え」という言葉が定着したのです。

このようにSNSが若者の行動に与える影響に気づいた企業が、インフルエンサーマーケティングを活用する事例も増えてきています。
もう、若者に対するSNS検索の影響は無視できない大きさとなっています。

インフルエンサーマーケティングについて知りたい人はこちらから↓

検索ワードからハッシュタグへ

では実際に、若者はSNSでどのように情報を検索しているのでしょうか。

SNS検索では検索に「ハッシュタグ(#)」という機能を使います。これは、TwitterとInstagramどちらにも備わっている機能です。

これまでGoogleやYahoo!といった検索エンジンでは調べたい単語を入力していましたが、SNSでは探したいキーワードのハッシュタグで検索を行います。

InstagramとTwitterのハッシュタグには少し違いがあるので、確認しておきましょう。

Instagramのハッシュタグとは

・自由につけられる。
・30個までつけられる。
・投稿者がつけたハッシュタグのみ検索対象となる。
・絵文字は一部使用可能だが、スペース、特殊記号(「%」「$」「&」「・」など)は使えない。

Twitterのハッシュタグとは

・自由につけられる。
・280文字(※日本語〈全角の場合〉140文字)の文字数制限以内なら何個でもつけられる。
・絵文字、スペース、特殊記号(「%」「$」「&」「・」など)は使えない。
・あまり多くのハッシュタグをつけるとスパム扱いされる可能性があるので注意が必要。

写真が主のInstagramでは、通常だと情報を検索することが難しいのですが、ハッシュタグを行えば関連写真をカタログのように一覧することも可能です。
またハッシュタグによって、「情報発信者」と「探す人」が結びつけられるようになります。

ハッシュタグのつけ方

例えば、「#fashion」「#コスメ」など、投稿内容に関連する日本語や英語のワードを自由に組み合わせることで、その投稿が何に対するコメントなのかを一言で表すことが出来ます。

ハッシュタグをつけることで他のユーザーに投稿を見てもらえる可能性も高まることから、1つの投稿に対して複数のハッシュタグをつけているユーザーが多いです。

ハッシュタグを実際につかってみた

では、実際に私が毎日1時間以上は見ているInstagramでの例をご紹介します。

ハッシュタグ検索をする

私は検索する内容として、主に美容系(ネイル・ヘアカラー・メイク)・ファッション系(ブランド・コーディネート)を見ています。
例えば、「今週末ネイルサロンへ行くけどどんなデザインにしよう」といった時に検索するとします。

検索スペースに「ネイル」といれるとネイル関連のハッシュタグが一覧に出てきます。

一番シンプルな「#ネイル」が一番投稿が多いですね。
まずは「#ネイル」をチェックしてみます。

見たかったネイルデザインの画像がたくさん出てきました!

しかし、「#ネイル」ではネイル関連の投稿全てにハッシュタグがつけられている可能性が高く、一番見たいネイルデザイン以外も表示されてしまうことがあります。

その際は検索に上がってきた「#ネイルデザイン」「#ネイルサロン」、またはデザインの名前や色など詳しいワードもチェックし、無駄な情報を省くようにします。
ここまではWeb検索と全く同じですよね。

1点注意して頂きたいのはスペースやハッシュタグの複数検索は出来ない為、「#ネイルデザイン#流行り」などと組み合わせての検索は行えません。
そのため、探したい情報をどのようにハッシュタグ検索するかがとても重要です。

ハッシュタグをつけて投稿する

こちらは、ネイルサロンに行った後に投稿した内容です。
「#ネイル」「#nail」「#スカルプ」「#ロングスカルプ」など多くの検索にヒットするように関連するハッシュタグをつけました。

ハッシュタグのつけ方によって、どのぐらいの人に見てもらえるかがが変わります。つけ方で商品やサービスの認知度に関わってくる為、非常に重要です。

芸能人も活用!ハッシュタグの流行り

ハッシュタグは単語に限られないので、文章をハッシュタグにすることもできます。

独自のハッシュタグを作って自分の投稿のまとめをアルバムの代わりに使ったり、ハッシュタグの流行りのワードというものもあります。
芸能人がつけたハッシュタグが話題になり、一般ユーザーもそのタグを使用するようになることもあるのです。

例えば、国内フォロワーランキング1位の渡辺直美さんはハッシュタグのつけ方がおもしろいことが有名です。

単語よりも文章をハッシュタグにすることが多く、投稿とはまた別に自分の気持ちを綴る1つのパターンとして定着しています。

他にはフォロワー数ランキング4位の木下優樹菜さんの話題になった投稿です。

「インスタ映え」ではなく、あえて「萎え」を狙った投稿が話題になりました。
今では「#インスタ萎え」のハッシュタグをつけた投稿数が11万件を超えています。

若者が求めているのは広告より「リアルな本音」

なぜ若者はWeb検索よりもSNS検索を使うようになったのでしょうか。

それは「本音が知りたいから」です。

Web検索ではSEO対策された情報や広告が上位に表示されるため、純粋に本音が見られるという状況とは言い難いですよね。

それに対し、SNS上で情報を発信しているのは一般のユーザーが多いため、よりリアルな情報を手に入れられることができます。

より「リアル」な言葉で綴られた情報だからこそ、若者は信頼できる情報として受け取っているのです。

まとめ

年々ユーザー数が増加し人気の高まっているSNS。
若者にとっては、すでに欠かせない存在と言っても過言ではないでしょう。

Web広告も重要ですが、若者にアプローチするのであればSNSを活用することが必要です。「検索=Web検索!」という考えは捨てて、ぜひSNSにも目を向けてください。

ここで紹介したSNSのアカウントを持っていない方は、まずはアカウントを作成してみてください。投稿を見ているだけでも、最新の流行を把握することが出来るのでおすすめです!

SNS広告について、もっと知りたい方はこちらから↓


コメント

カテゴリー別記事

SNS

潜在顧客を獲得して売上につなげる

SNSマーケティングの基本から最新のノウハウまで公開

無料資料ダウンロード

 

【リスマガ限定】出版したばかりの
代表長橋の書籍『第一章』を無料プレゼント!
DX時代のデジタルマーケティング攻略本

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

労務費・外注費・経費を削減して売上アップ
専門チームを外部で育てるラボ型のWebチーム

経費を削減して売り上げアップする方法を無料で公開!

資料ダウンロード

 

見込客と関係性を構築して売上アップする
育成型マーケティング新戦略

見込み客と関係性を構築して売上アップする育成型マーケティング新戦略

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

最新のマーケティング情報をお届け。
リスプラマガジンでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

あいり

株式会社リスティングプラス コンサルタント 美容業界にて販促を担当していたが、Webマーケティングに可能性を感じリスティングプラスに入社。 現在は広告事業部で主にFacebook広告の運用を担当。同じ靴の色違いを買い漁るほどの靴好き。毎日同じ靴を履かないのがモットー。

記事一覧を見る

X

【リスマガ限定】
出版したばかりの書籍『第一章』をプレゼント
DX時代のデジタルマーケティング攻略本

経産省レポート「DXに対応できない企業は業務効率や成長率の低下により競争力を失い、2025年以降最大で年間12兆円の経済損失が生じる」
DXしないと競争力を失う時代に、日本の中小企業がまずすべきことを解説。(無料)

無料で第1章をダウンロードする