YouTube広告とは?種類や設定方法、メリット・デメリットまで完全解説

近年、YouTube広告の市場は急激に拡大し、5年後には今の2倍の規模に達するという予想も出ています。

この記事ではYouTube広告について、種類や設定方法、メリット・デメリット、視聴ユーザーが反応しやすい動画のポイントなど、YouTube広告に関する基本的な情報を網羅して解説します。

YouTube広告とは

YouTube広告とは名前の通り、YouTube内に掲載できる動画形態の広告のことです。

従来の検索広告やディスプレイ広告とは異なり、動画でユーザーにアプローチできます。

YouTube広告は、Google広告内で設定し出稿することが可能です。
既にGoogle広告を利用している場合は、管理画面を確認すれば動画広告が入稿できる事が分かると思います。

動画で商品やサービスについて教育が可能

YouTube広告の特徴は、動画を使って商品やサービスのブランディングができたりや認知度を高められる点です。

それ以外にも動画でアプローチすることで、自社の商品やサービスについて視聴したユーザーを教育し最終的にCVしやすい状態でランディングページに誘導できるというメリットもあります。

広告費用は動画視聴単価

YouTube広告の課金形態は、リスティング広告と比較すると特殊です。

YouTube広告では、動画を30秒以上の視聴するか、30秒に満たない動画の場合は最後まで視聴することで、費用が発生します。

YouTube広告の費用は高いと思っている人も多いのですが、現在は10円~数十円でユーザーにアプローチすることが可能です。

YouTube広告にかかる費用について詳しく知りたい方はこちらから↓

YouTube広告の費用はいくらかかる?YouTubeで目にする広告はどういったものが多いでしょうか?どちらかというと中小企業よりも大手企業の映像を目にする機会が多いでし...

YouTube広告の種類

YouTube広告には大きく分けるとTrue View広告とバンパー広告の2種類があります。そしてさらにTrue View広告は、インストリーム広告とディスカバリー広告で分かれています。

3種類のYouTube広告の形式について下記で解説していきます。

True Viewインストリーム広告

インストリーム広告が最もイメージしやすいYouTube広告でしょう。

見たい動画をクリックした時に、冒頭5秒間広告動画が流れ、そのあとスキップできる広告があると思います。これがインストリーム広告です。

インストリーム広告は、主にブランディングや認知度アップが目的の時利用されるYouTube広告の種類です。

True Viewディスカバリー広告

ディスカバリー広告は、YouTube内の検索結果画面に上部に表示されたり、おすすめの動画や関連動画枠に掲載される動画広告です。

ユーザーに意図せず見せるのではなく、「見たい」と思ったユーザーがクリックする広告なので、商品購買やサービス利用に最も繋がりやすい動画広告です。

バンパー広告

バンパー広告は、最長6秒間のスキップできない動画広告です。

インストリーム広告と似ていますが、スキップの有無が大きな違いです。

バンパー広告のみ視聴単価の課金ではなく、CPM課金です。
お伝えしたとおりYouTube広告では通常、30秒以上の視聴か動画を最後まで視聴しない限り広告費は発生しないのですが、バンパー広告は1,000インプレッションあたりで費用が発生します。

TrueViewインストリーム広告とはTrueViewインストリーム広告は、ユーザーが見ようとしている動画の前、再生途中、視聴後に配信できる動画広告です。動画の再生途中・視...

クリックごとに課金される、クリック課金クリック課金とはクリック課金は、Web広告の課金方法としては一番主流の課金方法です。GoogleやYahoo!でキーワードを検索すると...

YouTube広告は目的によって最適な配信方法が異なる

YouTube広告では、動画広告を配信する目的によってどの種類を使うべきかが異なります。
上記3種類の広告でも、効果はそれぞれ異なります。

端的に言えば、インストリーム広告とバンパー広告は認知目的で、ディスカバリーはダイレクトレスポンスに向いています。

インストリーム・バンパーは認知、ディスカバリーは購買

動画を視聴しようとした時に広告が表示されると、嫌悪感を抱くユーザーもいます。これは誰でも経験がありますよね?

このように、動画の視聴前に流れるインストリーム広告やディスカバリー広告は、商品購買やサービス利用には結びつきづらいのです。
しかし、確実に目に触れるという点では認知度アップや、イメージを伝えるブランディングには役立つでしょう。

一方でユーザーが自分でクリックして動画広告を視聴するディスカバリー広告は、購買には結びつきやすいのですが、顕在層向けになってしまうため潜在層へアプローチはできません。

このような各動画広告の特徴を理解したうえで、目的に合わせて動画広告の種類を選択することが必要です。

認知を広げてから集客につなげることも

YouTube広告を1つ1つ目的に合わせて利用することはもちろんですが、戦略的に段階に分けてアプローチすることも有効です。

例えば、バンパー広告で商品を知ってもらい、インストリーム広告で商品理解をしてもらい、そしてディスカバリー広告でアクションを起こさせるなどです。

段階によって使うべき動画も変わってきますが、このように戦略的にYouTube広告を使うことで、潜在層を顕在層につなげより多くのユーザーを獲得することも可能です。

YouTube広告とメリット・デメリットを解説

メリット

・商品やサービスの教育が可能
・動画で見せられるので認知が進む
・Googleのデータを使った配信が可能
・検索やディスプレイ広告に比べ単価が安い

教育や認知のメリットもありますが、Googleのデータや単価が安い点も大きいです。

また、YouTube広告はGoogle広告の管理画面から設定を行なえるので、Googleの膨大な検索データを配信に活用できます。
具体的に言うと、興味関心カテゴリであるアフィニティカテゴリや、類似ターゲティングなどが挙げられます。

そして検索広告やディスプレイ広告と比べ、少ない単価設定でインプレッションを拡大させることも可能です。

デメリット

・適切なターゲティングをおこなわないと逆効果
・認知が広がっても購買に繋がらない
・顕在層には広告の効果が薄い

興味があるユーザーに配信されないと、動画をすぐにスキップされ視聴してもらえなかったり、途中まで視聴しても離脱されれしまうことが考えられます。
また、認知は広がっても購買に繋がらないリスクもあります。

最近YouTube広告がトレンドになっていますよね。サイバーエージェントの運営するオンラインビデオ総研は、動画広告の市場規模の予想を発表しており、5年後には今の倍以...

 
さらにディスカバリー広告は顕在層向けの配信と紹介しましたが、それはあくまでYouTube広告内での話で、「今すぐ欲しい」「悩みを解決したい」というユーザーはGoogleやYahoo!で検索行動を取っているため、顕在層へのインパクトも限定的です。

YouTube広告はプランニングが重要

YouTube広告で成功するための3要素

YouTube広告では、動画、配信方法、ランディングページの3要素を適正化しなければなりません。

動画については、ディスプレイ広告のようにバナーを改善してクリック率を高めるというわけではありませんが、動画がしっかり認知に繋がる内容か、ユーザーを教育できているかという点が重要です。

配信方法も、ペルソナに当てはまらないと興味がないユーザーに配信されてしまうため、広告費だけ消化してしまうリスクがあります。

ランディングページについてはせっかくペルソナに当てはまるユーザーに配信され、動画の視聴で興味関心が高まっても、その後遷移するページがイマイチだと購買やサービス利用に繋がらない可能性があります。

YouTube広告で成果を出すには、目的に合わせた動画・配信方法・ランディングページの3要素が揃わなければならないのです。

ペルソナから3要素を考える

YouTube広告を配信する前段階として、ペルソナを明確化することが重要です。

商品やサービスを利用するターゲット像を明確にしましょう。
どんな動画なら目的を達成できるか、どんな動画の配信方法ならターゲット像にアプローチできるか、どんなランディングページならユーザーが行動を起こしてくれるか、その3要素を考える上ではペルソナをより具体化させる必要があります。

ユーザーの反応が取れる動画のポイント

YouTube広告の動画は、広告を見たユーザーに認知・理解・行動のどれを期待するかでそれぞれ効果がある内容が異なります。

認知なら、例えばテレビCMのようなインパクトが残る動画が有効です。

理解なら、商品の名前は知っているけど、詳しい特徴についてはよく知らないユーザーに対して、機能やサービス内容をアピールする動画が望ましいでしょう。

行動はもっと詳しく知りたい、詳細を確認したいと思わせる動画になります。YouTube広告では、「続きが気になる」と思わせる事が重要で、最終行動になる購買やサービス利用に繋がりやすくなります。

バンパー広告は6秒以内にインパクトを残す

バンパー広告の役割は「認知」にあたるので、動画の構成上いかにユーザーへインパクトを残せるかが重要です。

バンパー広告の場合、動画の秒数自体が6秒以内になるので、短い視聴時間で印象に残る動画を作成しましょう。

インストリーム広告は5秒で興味づけ

インストリーム広告の役割は「認知・理解」にあたります。

そのため、冒頭の5秒はバンパー広告と同じようにインパクト重視、その後は商品やサービスの理解や興味づけをおこなう動画が望ましいです。

ディスカバリー広告はアクションを見据えた設計

ディスカバリー広告の役割は「行動」にあたります。

ユーザーはYouTube広告の広告文に惹かれ、自身がクリックして視聴するため、興味関心自体は高まった状態です。
その後、どうやって自社サイトやランディングページに訪れてもらうか、という点を考えて動画の設計を考えましょう。

動画の時間は目的にあわせて変える

動画をだす時間はそれぞれの目的や配信方法によって変わります。

弊社だとインストリームやディスカバリー広告の場合、3分前後で提案することが多いので、参考にしてみてくださいね。

誰でも理解できるYouTube広告の設定方法

ここからは誰でもYouTube広告が設定できる方法をご紹介します。

設定のフローは下記の通りです。

1.YouTube studioに動画をアップロード

すでにYouTubeに動画をアップロードした事がある方はイメージしやすいと思いますが、YouTubeでは自分のアカウントからYouTube Studio(クリエイターツール)を開き、動画をアップロードします。
タイトルや動画説明欄はここで入力します。

2.Google広告に動画を設定する

次にGoogle広告の管理画面を開き、動画ID、広告文を作成し、YouTube広告を設定します。画像はGoogle広告エディターを使用しています。

3.CTAを設定
そして、Call To Actionを設定します。これは、動画の左下に表示させるリンク先のことで、2019年2月現在、クリエイターツールから設定できる機能です。
YouTube広告の設定を行なわないと設定ができない機能なので、注意してください。

4.広告配信開始

最後にYouTube広告を配信します。
YouTube広告では、リマーケティングやアフィニティカテゴリ、キーワードなどGoogle広告で利用できる機能がそのまま使用できます。そのため、ペルソナや目的に合わせて設定していきましょう。

YouTube広告の成功事例公開

インストリーム広告やバンパー広告は認知度アップが目的なので、数値の良し悪しが分かりやすいディスカバリー広告の事例をここでは公開します。

YouTube広告での実際の成果を紹介

■商材  :起業セミナー
■オファー:セミナー参加

 
ディスプレイ広告でのパフォーマンス
CV:19件
CPA:25,179円

YouTube広告でのパフォーマンス
CV:31件
CPA:10,886円

■商材  :治療家向けのノウハウ提供
■オファー:ホワイトペーパーの配布

 
検索広告でのパフォーマンス
CV:18件
CPA:4,289円

YouTube広告でのパフォーマンス
CV:235件
CPA:2,188円

YouTube広告の成功事例と実際にやった施策について詳しく知りたい方はこちらから↓

まずは押さえたい!YouTube広告の概要と種類YouTube広告は、YouTubeにアップした動画をGoogleアドワーズに紐づけ、配信できる機能です。配信先としてはYouTubeはもちろ...

まとめ

YouTube広告のメリットやデメリット、設定方法まで全て解説してきました。

今後の広告の傾向として、検索広告やディスプレイ広告よりも動画が主流になると考えているじている方も多いでしょう。

実際、GoogleやYahoo!を始め、各種広告媒体で動画広告の成果が上がってきています。
中でもYouTubeは今後有力なプラットフォームになりますので、自社のサービスを知ってもらいたいという方はもちろん、実際の購入やサービス利用したいという方も、ぜひこの記事をヒントにYouTube広告を運用してみてください。

10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー募集

ライバルと差別化したホームページを作り、少ないリソースで売上を最大化する具体的手法を公開!

細かいABテストや新手法でライバルに差をつける必要がないので、資金や人的リソースの限られる中小企業様に必ず身に着けていただきたい手法です。

今すぐ最新の売れるホームページ集客ノウハウを手に入れる
10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー

関連記事一覧