動的検索広告とは?仕組みやメリット、設定方法をキャプチャを使って解説

  • 2023.11.22
  • 8,577 Views

動的検索広告(DSA:Dynamic Search Ads)とはGoogleが使用を推奨する自動化ソリューションの1つです。

通常の検索広告はターゲットのユーザー層の検索語句を想定し、キーワードや広告文を自身で設定する必要がありますが、動的検索広告はそれらが全て自動で行われます。
キーワード管理の要らない検索広告、それが動的検索広告です。

動的検索広告の仕組み

動的検索広告は、サイトのコンテンツがユーザーの検索行動の目的と一致した場合、自動的に広告が表示される仕組みです。
キーワードや広告を設定する必要がなく、広告主の商品やサービスを探している見込み客に広告をすばやく表示することが可能です。

動的検索広告のメリット

ここからは動的検索広告のメリットについて述べていきます。

キーワード登録した以外の検索語句にもアプローチ出来る

動的検索広告はランディングページに関連する検索語句に対して配信をすることが可能です。そのため、手動で登録したキーワードでは発見できない検索語句に対してアプローチすることが可能です。

新しいニーズを見つけることが出来る

手動で設定したキーワードでは検索語句の表示幅に限度がありますが、動的検索広告は設定したキーワードでは網羅できない検索語句にアプローチすることが可能です。そのため、中には予め想定をしていないようなニーズを含んだ検索語句が見つかる可能性を秘めており、ニーズをもとに新しい施策をうったりと拡大の糸口を見つけることができます。

関連性の高い広告が作成される

動的検索広告はサイトと関連性の高い検索意図に合わせて、自動的に広告文を生成してくれます。
そのため、常に関連性の高い広告を配信し続けることができます。

広告文が自動生成されるため工数が削減できる

手動で配信を行う場合キーワードや広告文を設定してから広告配信を行いますが、動的検索広告はサイトと関連性の高い広告文が自動で作成されるため、大幅な工数削減が可能です。

動的検索広告の設定方法

1. キャンペーン設定を選択する

アカウントのキャンペーン一覧画面から「新しいキャンペーンを作成」をクリックします。

このキャンペーンで達成したい目標を選択し、「続行」をクリックします。

コンバージョン目標の項目がでてくるのでそのまま下にスクロールして「続行」をクリックします。

キャンペーンタイプで「検索」を選択し、「続行」をクリックします。

目標の達成方法とキャンペーン名を記入します。「ウェブサイトへのアクセス」を選択する場合はサイトのURLを入力し、「続行」をクリックしてください。

Googleディスプレイネットワークを含めるのチェックを外します。

ドメインを入力します。(例:●●●●●.net ※https:// は不要)

配信対象地域と言語を選択します。

予算と単価設定を入力します。

広告表示オプションを設定し、「保存して次へ」をクリックします。

2.広告グループの設定

広告グループの種類を「動的広告」に設定し、サイト内のどのカテゴリもしくはページをターゲットに広告を配信するか、選択します。
ここでは「すべてのウェブページ」を選択しています。

3. 広告を作成する

説明文1と2を入力します。

動的検索広告の場合、広告見出しは自動的に生成されます。説明文はどの商材でも違和感のない内容にするのがベターです。

説明文を入力したら、「保存して次へ」をクリックします。
このあと「キャンペーンに進む」をクリックすれば完了です。

広告グループ作成後、配信開始までは最大24時間かかります。すぐに配信できないことを理解して配信のスケジュールを組むようにしましょう。

動的検索広告で気をつけたいこと

動的検索広告の特性を理解する

動的検索広告はキーワードや広告文の生成が自動化されるため、そもそも指定したキーワード以外で広告を配信したくない、あらかじめ決まった広告文のみしか配信したくない等、こだわりの強い広告主には向きません。

自動化に委ねる以上、想定外のキーワードや広告文を配信する可能性があることは、あらかじめ理解しておく必要があります。

一方で、動的検索広告キャンペーンでも除外キーワードの設定は可能です。配信除外としたいキーワードは事前に設定しておきましょう。

Webサイトを頻繁に更新しない

システムがサイトのコンテンツを識別し、広告配信が最適化されるまでは、時間を要します。それはこれまでの自動化ソリューションと同様です。

実際に動的検索広告の広告グループを作成後、配信開始まで最大24時間かかるという事実から、24時間以内に頻繁に更新が行われるサイトでは、常に最適化を阻まれる、ということも考えられます。

サイトが最適化されていることが大前提

動的検索広告はサイトのコンテンツに基づいて広告の掲載対象を設定します。要はサイトコンテンツをシステムが自動判別して最適化するということになります。

サイトのページ上のコンテンツが画像メインでテキストが適切に読み込めない、コンテンツのテーマやカテゴリが理解できない構成になっている等、サイト自体に問題がある場合は、動的検索広告の効果は発揮できません。

まとめ

動的検索広告を使用することによって得られるメリットや成果についてお伝えしてきました。

動的検索広告は意図しない広告が掲載される可能性があるため、ブランドイメージを大事にする企業からは敬遠されがちです。
一方で中小企業にとっては、ブランドイメージを大事にする大手企業と勝負することなく、広告成果を上げられる可能性があるとも言えます。

動的検索広告にチャレンジして、他社に負けない成果を上げましょう。

無料資料ダウンロード

 

勝てるメッセージとシナリオで成果を出し続ける
「YouTube広告運用マスターガイド」

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

 

1,800社以上の支援実績に裏づけされた
『LPO大全』(実行手順シートつき)

1,800社を支援する中で気づいた『LPO』の重要性と正しい手順・ノウハウを公開します。

資料ダウンロード

 

YouTube動画マーケティングがわかる
企業チャンネル最新攻略法

YouTubeで企業チャンネルが成功するために実践した施策を公開します。

資料ダウンロード

MAIL MAGAZINE

               

最新のマーケティング情報をお届け。デジタルアスリートのメルマガでしか手に入らない情報を受け取りましょう。

デジタルアスリート株式会社
デジタルアスリート株式会社

1,890社以上の支援実績と最新のWebマーケティングノウハウで、あなたのビジネスを支援。売上・集客を最大化します。

記事一覧を見る