Googleマイビジネスとは?メリットとデメリット、活用方法を解説

こんな動画を見たことはありませんか?

 
この動画で表現されているのは、「いい感じのカフェ」のように「こんな感じ」というキーワードで検索すれば、求めているお店の情報が出てくる世界です。

検索結果からは写真やGoogle ストリートビューで、店内の雰囲気を見ることもできるので、店さがしに役立てられることをアピールしています。

これにはGoogleの、

・Google検索をスマホで使って欲しい
・近くのお店を探す、ローカル検索で使って欲しい

という狙いがあり、テレビコマーシャルなどでも同じシリーズの動画が放映されています。
 

Googleマイビジネスとは


Googleマイビジネスとは、店舗や会社の情報を登録することで、ユーザーがGoogleの検索やGoogleマップを利用した時にビジネスの情報を表示できる無料のツールです。

Googleを使用する多くのユーザーに店舗をアピールできるので、知名度や集客数のアップに大きな働きが期待できます。

Googleは「マイビジネス」に力を入れている

Googleはここ数年Googleマイビジネスに関するアップデートを頻繁に行っています。

Googleは、今後Googleマップ上でのプラットフォームビジネスで独占的な検索ビジネスを展開するために、今後もGoogleマイビジネスに対して大きな投資を行うことが予想されます。

インターネット業界シェアNo.1のGoogleが、本気で伸ばそうとしているGoogleマイビジネスですから、今から積極的に活用して時流に乗ることが大切です。

最近のニュースとしてはGoogleマイビジネスの新機能としてフォロー機能が追加されました。

残念ながら、現時点で日本向けの端末にはフォローボタンが表示されていないようですが、日本に存在するマイビジネスにていくつかフォローが検知できています。日本国内のマイビジネスでも、アメリカ等で利用する設定のAndroid端末のアプリからはフォローができるようです。

フォロー機能が追加されることで、Facebookなどのようにお店のファンとしてフォローしてくれている既存ユーザーに対して、イベントなどの情報をプッシュ発信にてお知らせすることが可能になります。

ローカル検索と関連性が高いGoogleマイビジネス

多くの検索ユーザーはまだあなたのお店を知りません。でも心配ありません。

新しいお店を探すとき検索ユーザーは「地域名+キーワード」で検索し、目的の場所を探します。
このような検索の方法を「ローカル検索」といいます。

今やこのローカル検索は全ての検索ワードの8割にも達しています。

そこで効果を増してきているのが、Googleマイビジネスです。
Googleマイビジネスは、Googleマップ上に自社の写真や情報、口コミ情報などを載せられるので、情報を充実させることで、ユーザーに自社の情報をアピールでき集客と売上アップに活かせるのです。

特に「近くの○○探して」というような場所を探す検索をすると、検索結果にGoogleマップの地図情報が表示されることが多く、ユーザーの目に触れる機会が多くなります。

このようにローカル検索を行うユーザーはお店に来てくれる可能性が高い、とても確度の高い見込みユーザーなのです。

さらにお店を探す44%のユーザーがGoogleマップを利用しているというデータもあります。
お店のホームページを一生懸命作っても、検索結果対象として表示されるのはGoogleマイビジネスの方が上です。

Googleマイビジネスの情報が充実していなければ、興味を持ってホームページを見てもらうこともできず、お店を探す44%の新規顧客を逃してしまう可能性があります。

検索ワードと連動して表記される写真も変わる

また近年では、検索結果に合わせてGoogleがマイビジネスで表記する写真を切り替えるアルゴリズムを強化しています。

「居酒屋」で検索した際には外観や内観の写真が出ますが、「居酒屋 日本酒」と検索をするとそのマイビジネスで登録をしている日本酒の写真が優先的に表示されるようになっています。

画像の登録は無作為ではなく、ユーザーの検索するキーワードを想定し、登録を行うことで最適な画像表記を実現できるんです。

Googleマイビジネスでできることとは

完全に思い通りにできないという前提はありますが、Googleマイビジネスでできることは非常に幅広く、活用の価値が十分にあります。

店舗や会社の基本情報を掲載できる。

営業時間のところには、「営業中」という表示が出ており、現在は営業時間中というのが確認できて便利ですね。

また、問合せ先の電話番号も表示されているので電話での問合せもスムーズです。

リアルタイムの情報を発信できる

こちらは会社というより店舗でのケースが多いですが、行われているイベントやクーポンなどの情報を掲載することが可能です。
タイムリーな情報を発信することでユーザーの関心を高めることが可能です。

分析情報を閲覧できる

流入キーワード分析

マイビジネスでは、マップが表記された際に検索された上位20語句を見ることができます。

これはデフォルトの機能に備わっており、Webでの操作が慣れていない方などには扱いやすい内容になっています。

検索結果に関わったキーワードを分析する事で、投稿の内容や画像の精査などに活かす事ができます。

アクション数の閲覧

アクション数もマイビジネスで閲覧できます。マイビジネスを見ての電話のタップや経路検索といった集客に関する具体的なユーザーの行動回数を追うことができます。

キャンペーンの直後などアクション数が伸びているようであれば、キャンペーン内容の成果判断が可能です。

写真の閲覧者の確認

写真の閲覧数も閲覧できます。これは、オーナーと呼ばれるマイビジネスの登録者側、ユーザーの投稿した写真の閲覧と分別して確認ができます。

ユーザーが投稿してくれた画像の中には、表示回数が伸びているものもある為
傾向を読み解き、オーナー視点の投稿をする事でより効果的に運用が可能です。

無料の簡易Webサイトを作成できる

GoogleWebサイトビルダーという機能により、Googleマイビジネスに記載してある情報を元に簡易的なホームページを作成することが可能です。
数分で作ることができるため、「新しい店をオープンしたけどWebサイトの用意がまだできていない」という時に便利な機能です。

ユーザーと交流できる

Googleマイビジネスには、店舗や商品・サービスの写真をオーナーとユーザーの双方が投稿できます。また、ユーザーが投稿した口コミを収集して返信することも可能です。

参考にリスティングプラスの画像の投稿内容です。


Yahoo!JAPANさんからいただいたリスティング広告の表彰を載せています。
また、オフィスの執務スペースや会議室の写真も載せて雰囲気が伝わるようにしています。表示される写真はランダムですがビジネスのアピールにつながるような写真を充実させられるといいですね。

新規顧客にアピールする

Googleマップの検索結果に表示される機会が増えることで新規顧客へのアピール効果が期待できます。

こちらが、「リスティング広告 代理店 新宿」で検索された際の表示結果なのですが、検索結果とそこの場所がマーカーで表示されています。


ユーザーが近くの○○を探しているときにアピールすることができるので、例えばリスティング広告で反響につながっているキーワードで検索結果の上位表示が実現できると新規顧客の集客効果も期待できます。

Googleマップの検索結果に出る点がポイントで、特に来店型のビジネスでは周辺のユーザーに対してアピールができるため、集客効果を高めることが期待できます。

メリット

ビジネスオーナーがGoogleマイビジネスを活用するメリットをまとめましょう。

無料で利用できる

Googleマイビジネスのメリットとして、まずは無料で利用できるという点が挙げられます。

広告を使ってアクセスアップをする場合には広告費がかかりますが、Googleマイビジネスではアクセスが発生しても費用はかかりません。

アプリのシェアが大きく、多くのユーザーに接触できる

また、2つ目のメリットは非常に多くのユーザーと接触できる点です。

Googleマップのアプリシェアは、日本の地図アプリユーザーの中で6割~7割を占めると言われており、この巨大なプラットフォーム上でビジネスをアピールしない手はありません。

さらに、Googleマップの検索結果だけでなく、Google検索結果にマイビジネスの情報が出るケースもあります。

Google検索も検索エンジンとしてトップシェアを持っていますので、圧倒的に多くのユーザーに情報を発信できる可能性があります。

無料で使用でき、しかも多くのユーザーにアプローチすることができるGoogleマイビジネスを上手く活用することができれば、非常に費用対効果高く集客できる可能性を秘めています。

投稿機能で最新情報やキャンペーンをアピールできる

投稿機能とは、Googleマイビジネスの管理画面で登録ができるお知らせ情報を指します。限定メニューの公表やキャンペーン実施の内容などを無料で展開することができます。

7日後に掲載が自動的に消える制約はあるものの、広告を使用しないで気軽に宣伝ができるため、ぜひ活用していただきたいおすすめの機能です。

動画を用いたコンテンツや360度写真を掲載できる

マイビジネスでは一般的な画像だけでなく、動画やパノラマ画像も登録ができます。画像の登録はしている方も多いのですが、動画などの登録はしていない店舗がほとんどです。
そのため、動画の登録を行うことで近隣の店舗との差別化が図れます。

内容をコントロールできないのがデメリット

Googleマイビジネスのデメリットとしては、ビジネスのオーナーであっても情報を完全に自分の思う通りにはコントロールできない、という点があります。

自分の運営しているビジネス情報なのに自由にできないの?と不思議に思うかもしれません。

Googleマイビジネスは一般のユーザーが写真を投稿したり、コメントや評価をすることもできる仕組みになってるため、オーナーがアップした載せたい写真が思うように表示されないことがあります。

また、ユーザーから辛辣なコメントが入ることもあります。
「ビジネスに関してネガティブな情報は一切載せたくない」という場合には、デメリットになるかもしれません。

これはGoogleが、

・検索ユーザーになるべく正確な情報提供をする
・Googleマイビジネスの情報は、サービスを提供する側とサービスを受ける側がともに作っていく

というスタンスを取っているからです。

しかし、この前提があるからこそユーザーはGoogleマイビジネスの情報を信頼しているとも考えられます。
ビジネスオーナーとしては、この仕組みを理解した上で活用する必要があります。

登録しない、放置するデメリット

「Googleマイビジネスに登録しない」という選択をした場合のデメリットは何でしょうか。

Googleマップ上に存在しないということは、ユーザーから見るとその店舗もしくは施設は存在しないのと同義になってしまいます。
Googleマップのユーザーは数の上でも、もはや決して無視できないことは先述の通りです。

ではとにかくマイビジネスが存在していればいいのか?
Googleや第三者が作成したとしても存在しているなら放置していてもいいのか?というと、そうではありません。

オーナー確認を済ませ管理し継続運用する必要があります。

放置例:隣接する道路の写真がお店の代表写真に

マイビジネスを管理していない状態で、当然店内版のストリートビューも撮影していない場合には、住所情報から隣接する道路のストリートビューがサムネールとして表示される場合があります。

放置例:口コミ内容が命取り

いつのまにか悪い口コミが書かれていたということはよくあることです。

クチコミと言えば発信者の友人や家族などリアルなコミュニティ内で広まるものでした。
そして信頼のおける人からの情報は非常に有効な集客につながるものでしたし、それは現代でも同じです。

自分の周りの人が行ったことのない場所へ初めて行く場合、過去であればそのお店の評価を知ることなく訪問したかもしれません。

しかし現代は違います。

さまざまなクチコミやレビューをネットで見て行き先を決定したり変更したりは当たり前です。
悪いクチコミが書いてあるお店と良いクチコミが書いてあるお店だったら、当然良いクチコミを書いてあるお店に行きたくなります。

そんな意思決定の重要な要素となるクチコミを放置することは、Googleにあなたのお店のネガティブキャンペーンを行わせるようなものです。

放置例:知らないうちに閉業扱いに

マイビジネスには「閉業」というマークがありますが、このマークは第三者でもつけることができます。

オーナー確認をしていれば、情報の修正が第三者によって提案された際はその情報の正否を確認することができます。
しかし、オーナー確認をしていない場合は何のお知らせも届きませんので、たまたま誰かが気づいて教えてくれるまで気づかなかったなんて話もあるようです。

今、まさに居酒屋を探しているユーザーが、Googleマップで「近くの居酒屋」と検索し、さまざまな検索結果からお店を選ぼうとしている中、実際には営業しているあなたのお店に「閉業」と表示されていたらどうなるでしょうか?

ユーザーは検索結果に表示された他の店に行くでしょう。
このようにGoogleマイビジネスを放置することで、気付かないうちに大きな機会損失を被る可能性があるのです。

まとめ

以上がGoogleマイビジネスでできることのまとめです。

Googleマイビジネスの活用は、ユーザーへのアプローチ、集客の手法として大きな可能性があります。
無料で登録、使用を開始できますのでまだ使っていない方はぜひ登録から始めてみて下さい。

その他マイビジネスの活用方法はこちら↓

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

リスティングプラスが過去に出版した「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする(全161ページ)